カテゴリー「デンキネコ/芸社」の6件の記事

2010.10.23

デンキネコ検定

映像温泉芸社の上映会に初めて一人で行ってきました。
今回はデンキネコのアンコール上映会「デンキネコ検定」です。

Bar GARI GARI
場所は井の頭線池ノ上駅から徒歩0分のところにある「Bar GARI GARI」。
以前もデンキネコの上映会で来たことがありますが、あいかわらずアヤシげな雰囲気のバーです。自主映画の上映会を積極的におこなっているので、普通のバーとはちょっと雰囲気が違うんですねcoldsweats01

デンキネコ検定
今回の上映会タイトルは「デンキネコ検定」。そう、検定試験をおこなうんです。
上映作品はメカデンキネコシリーズの「デンキネコ対メカデンキネコ」と「メカデンキネコ逆襲」。
この2つの作品はどちらも観たことがあったのですが、デンキネコ映画はなかなか他で見られないのでcoldsweats01見れる時には見ておかないと、なのです。

プログラム的には上映2作品の間に検定試験がありました。
全部で10問。4択と○×形式。
正直、デンキネコには全然関係ない問題も多々あり…coldsweats01
中村犬蔵さんと伊勢田勝行さんが大好きだと言う原口智生監督が飛び入り参加し、「ウルトラマンメビウス」の最終回で看板にデンキネコを登場させた秘話などをお話しされました。
11月27日から公開される原口監督の「デスカッパ」にはCG技術で犬蔵先生が協力し、伊勢田監督に至っては出演してる、という、自主(バカ)映画ファンにとってはビックリする豪華キャスト(笑)。

予定より1時間ほど押した状態でお開きになりました。

2010.02.21

湯けむり温泉芸社

年に一度の芸社へ今年も行ってきました。
今年は「湯けむり温泉芸社」。

映像温泉芸社上映会17 湯けむり温泉芸社温泉旅館仕立てかと思いきや、いきなり企画変更(?)で、芸社の会社説明会の態で進行されましたcoldsweats01
自主映画の上映会企画なんてマイナーな趣味、そうそう人材が集まる訳はないのですsweat02

中村犬蔵先生の作品は前回に引き続きクドリャフカシリーズ「人造犬クドリャフカー」。「人造人間キカイダー」をフィーチャーしたものです。
犬蔵先生と私は同い年なので、見て来たテレビ番組などが一緒。キカイダーは懐かしかったです。変身のシーンとかも「おお!heart01」と感動してしまいました。
クドリャフカシリーズはデンキネコ以上に完成度の高い作品で、自主映画上映会だけの上映は非常に勿体ない。…が、色々フィーチャーし過ぎているのでsweat02、公の電波や市販のものに載せられないんですねbearing
ホントにホントに勿体ないsign03

その他、酒徳ごうわく先生の作品は「空気アマゾネス〜AIR AMAZONS完全版」。今回の「湯けむり温泉芸社」のHPで飛び交っているのが主演女優のエアアマゾネスです(笑)
当日の会場ではこの主演女優が切り売りされていましたsweat01
相変わらずの脱力系バカ作品で笑えます。

招待作品では高岡晃太郎氏の「タイムショック関根先生」がやはり面白かったし、できばえも素晴らしかった。さすが、市販DVD(「エリートヤンキー三郎」)の特典映像として作られただけのことはある。主演俳優は池田鉄洋さんだし。
池田鉄洋さんは「タモリ倶楽部」出演で知った俳優さんなのですが、何の気なしにテレビを付けていた時に見た「チチ、カエル。〜ボクとオカマの夏休み〜」がすごく面白くて、一気に気になる俳優の一人になりました。
舞台俳優って強いよなーと感じる俳優さんです。

あとすっかりおなじみとなった伊勢田勝行氏のアニメ(?)新作「ふらんくフルート」。
相変わらず聞き取りづらい音声と魔女っ子設定で、バカバカしい展開です。(注:褒め言葉です)

芸社の上映会に行くようになってから結構経ちますが、今回は割と女性客が多かったように思います。(当社比)
それでも休憩時間の男子トイレの方が混んでましたけどねsweat01

2008.03.16

自主映画(インディーズ)番外地

えー、久しぶりに映像温泉芸社さんの上映会「自主映画(インディーズ)番外地」へ行ってきました。

映像温泉芸社その15「自主映画番外地」目的は何と言ってもデンキネコの最新作。
あとは酒徳ごうわく先生の「ア寿司トロ球団」です。
このためだけに野方くんだりまで行くんですから、物好きな人間なんでしょうね>私。

ごうわく先生の「ア寿司トロ球団」は相変わらずのバカ映画っぷり、というか、一発ギャグ映画っぷりが見事。
もう少し長い作品が見たいぞ、と。

デンキネコ「ネコマン」中村犬蔵先生のデンキネコ最新作は「ネコマン」。
どっかのヒーローに似てないかい?というのはさておき、連作形式だったことでストーリーがすっきりして、最近のデンキネコ作品としては秀逸だったように思います。
あっちゃこっちゃに散りばめられているモチーフがこれまた相変わらず楽しく、会場はバカ受けしてました。
さすが犬蔵先生。
天才だと思うんだけど、その才能がメジャー向けじゃないのがファンとしては悲しい次第。
コラム(MacFan誌上)もサイコーだと思うんですけどねー。

最近、新旧作をまとめて見る機会がないので、ここらでチャンピオンまつりを開いてくれないかなー、と切に願っております。

●本日の洋服●
オフ白レース付き七分袖カットソー(IB'04)、茶ブラッシュワークフラワーptひざ下丈SK(IB'06)、ベージュレース付きデニムテーラードJK(IB'07)

2004.11.07

歌舞伎町チャンピオンまつり

チャンピオンまつりレジメと特製ハガキ行ってきました>デンキネコ歌舞伎町チャンピオンまつり。
開場は1時半だったのですが、龍さんが「遅れるから席取っておいて。で、ロフトプラスワンはすごく混むから早めに行った方がいいぞ」というので、12時45分にはロフトプラスワンへ向かいました。
私たちの前にいたのは3人だけ。「龍さん、心配し過ぎじゃないの?」とその時点では鼻で笑っていたのですが、結局はすっごい混雑で、早めに並んでいて正解でした☆

いやー、楽しかったです。
ラインナップは、歴代のチャンピオンまつりオープニング集、今回のオープニングNG版2編、シリーズ5作目「電気猫宇宙へ」、R-15指定を含む一発作品数本、映像温泉芸社の活動内容ドキュメント、本編「デンキネコ対メカデンキネコ」。
相変わらずハイクオリティーな作品群に敬服いたします。

2004.09.15

デンキネコ時計!

すごい! すごいぞ! ついにデンキネコが時計になった
しかも種類は4種類!
硬式な人は必需品です。うーん、欲っすぃー!
メーカーもしっかり国産、セイコーとシチズンです。すっげ〜〜〜っ!
やっぱり歌舞伎町チャンピオンまつりには持っていくべし、って感じですかね?

そうそう、私ったら肝心のチャンピオンまつりのリンクを張っていなかったんですよね。
というわけで硬式に張り付け!
歌舞伎町チャンピオンまつり

2004.09.13

誕生日はデンキネコとともに

今年もデンキネコの季節がやって来ましたーっ!
惜しまれつつも開催が中止されてしまった(?)ニフコンですが、今年はデンキネコだけが生き残って歌舞伎町チャンピオンまつりが開催です。
何の因果か私の誕生日ですっ(^^;)。
去年の渋谷の上映会にまで行ってしまったほどのデンキネコファンの私。っつーか、私たち夫婦。ええ、ええ、当然行きますとも>歌舞伎町チャンピオンまつり。
言っちゃあなんですが、私のケータイ、ダンナからの着メロは「デンキネコのうた」です。着信コールなんて殆どダンナからなので、私のケータイは「デンキネコのうた」しか鳴りません(爆)。

さあ、この記事を読んで初めてデンキネコを知ったあなた。
すぐさま犬蔵さんのサイトを読もう!
そしてDVDも買っちゃおう!

と言う訳で、トラックバックピープルなるものも参加しちゃいました!
左のサイドバーの下の方にありますよ〜。デンキネコ仲間、集まれ〜〜〜っ!

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ