« ブログ画像をRetinaディスプレイ対応に | トップページ | 久しぶりにホームページ »

2016.08.04

さよならXZ-1

XZ-1が壊れました。
それも突然。

実はXZ-10が5月に故障し入院していたのですが、その間は元気にXZ-1が働いてくれて、その後XZ-10が戻ってからは暫く使っていなかったんですね。
で、久しぶり(とは言っても2ヶ月ぶりくらい)に使おうかとしたら、電源を入れた瞬間、異音が鳴り、シャッターボタンを押しても反応がなく、自動的に電源が落ちてしまう状態に。
使っていなかった2ヶ月の間、何もしなかったのに、何故〜sign02

今まで散々落としたこともあったのですが、それでも問題なく動いていたのに…

在りし日のXZ-1(2015年9月11日撮影)
OLYMPUS XZ-1

という訳で入院させていたのですが、昨日、オリンパスの修理センターから連絡が…。

お預かり時の点検におきまして、ご指摘の不具合を確認いたしましたが
修理に必要な部品の在庫が無く修理ができない状況にございます。
また、XZ-1の製品在庫がないため
申し訳ございませんが、ご了承をいただいております修理料金にて、
STYLUS1sへの交換(製品一式)をご提案させて頂きますので、
ご検討の程宜しくお願い致します。

ショックsign01ショックsign01ショーックsign03

よもや違う製品への交換とか全然考えていなかったので
「STYLUS1sへの交換?ふざけんなよっannoy
と思ったのですが、在庫がない状況で文句を言っても埒が明きませんし、冷静にSTYLUS1sのスペックを確認することに。

機能面では当然XZ-1とはかなりの差がありますが、光学スペックでの違いは、広角時のF値と、焦点距離が伸びてなおかつ望遠でもF値が変わらないこと。
後者については35mm換算で300mm望遠もF2.8というのが魅力。
前者が一番気になる所で、今までは1.8だったのが2.8になってしまう。
スーパーマクロは相変わらずワイド端のみなので、当然そこにも影響。
とは言え、EVFがあり、液晶モニターは可動式だし、フォーカスエリアは細かくなるし、水準器表示もできるし、MF時のフォーカスキーピング機能があるし、O.I.ShareでGPSタグを付与できるのは魅力shine

と言う事で素直に交換に応じることにします。

しかしSTYLUS1sを持ったら、ホントに旅カメラはこれ1台になりそうだなぁ。


« ブログ画像をRetinaディスプレイ対応に | トップページ | 久しぶりにホームページ »

CAMERA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30488/64011232

この記事へのトラックバック一覧です: さよならXZ-1:

« ブログ画像をRetinaディスプレイ対応に | トップページ | 久しぶりにホームページ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ