« XZ-1再発見 | トップページ | Elegance CRUISE »

2015.03.01

XZ-1再発見2&Flash Air購入

XZ-1をだんだん使わなくなった理由のひとつが、iPhoneにその場で写真を転送できないことでした。
特にE-P5を買ってからは、転送させたいがためにE-P5を持ち出すことも多い状態。

これではコンデジの意味がないsign03

wi-fi機能付きのコンデジに買い替えようかとも思いましたが、コンデジとしては異例の大きいレンズで望遠側でもF2.4という明るさ、そしてCCDセンサーはやっぱり貴重かなぁ、と、XZ-1を活用する方向で健闘した結果が、

Flash Airがあるじゃないかsign03

TOSHIBA Flash Air 16GB
と言う訳で、東芝のFlash Airを買ってしまいました。
口コミ情報を確認すると、XZ-1でも使えるとのことだったので。

8GBと16GBで迷ったのですが、XZ-1はRAWで撮った方が良い、という口コミ情報を読み、今までRAWで撮ったことは殆どなかったのですが、そこまでいわれちゃあ、RAWの勉強も兼ねて撮ってみようじゃないの!と思い、RAW+Jpegで撮りたいとお店の兄ちゃんに相談したら「それじゃあ16GBですね!」と言われたので、その通りにしました。

Olympus Viewerの勉強、しなくちゃ☆ですcoldsweats01

設定は、初期設定後、パスワードを変えたら一瞬繋がらなくて焦りましたが、古いパスワードを記憶しているwi-fi情報を削除した後に接続したら、問題なく接続できました。
(2015年3月現在 iPhone5s iOS7.1.2です。)

OI Share画面で、カメラからiPhoneへの写真転送ですが、最初はFlash AirのiPhoneアプリをインストールしてみたのですが、ネットで色々見てるうちに、
「あれ?OI Shareで問題ない?」
と気付き、実際にやってみたところ、まったく問題なし。

右図のとおり、Flash Airを認識。
まぁ、wi-fi設定で選択してる訳だから、当たり前っちゃ、当たり前なのですが。

OI Share画面←写真転送の選択画面でも問題なし。
保存形式はRAW+Jpegにしていますが、選択画面に表示されるのはJpegのみなので、問題なし。

そして、iPhoneに写真を転送できて良いことの一つに、OI Shareでアートフィルタ加工ができる、ということですね。
XZ-1では選択できるアートフィルタが、ポップアート・ファンタジックフォーカス・ラフモノクローム・トイフォト・ジオラマ・ドラマッチックトーンのみですが、OI Shareでは、デイドリーム・ライトトーン・クロスプロセス・ジェントルセピア・リーニュクレール・ウォーターカラー・ヴィンテージ・パートカラーが選べます。
カメラ本体にあるアートフィルタの効果とは若干違いがあるそうですが、フィルター加工できるのはやっぱり楽しいです。
OI Shareでのリーニュクレール加工
これ→はOI Shareでリーニュクレール加工したもの。
やっぱり楽しいnote

ちょっとカメラとiPhoneとのwi-fi接続時の時間はかかりますが、全然できないよりはできた方が便利なので、これからは本気でXZ-1を持ち歩こうと思ってますheart04

« XZ-1再発見 | トップページ | Elegance CRUISE »

CAMERA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30488/61215571

この記事へのトラックバック一覧です: XZ-1再発見2&Flash Air購入:

« XZ-1再発見 | トップページ | Elegance CRUISE »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ