« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の3件の記事

2014.09.15

猫森集会2014 Aプログラム

青山円形劇場も行きましたが、スペースゼロも当然行ってきましたよ。
ということで、猫森集会です。
意外と行っている初日でございます。
今回のゲストは鈴木康博さん、ということで絶対Aプログラムに行きたかった訳です。
…はい、私、オフコースファンでしたsign01

オフコースのライブは後にも先にも武道館10日間の時に行ったのみで、その当時、MCは全くと言っていいほどなかったので、真面目に康さん(と言ってしまう)のフリートークを聞いたのは初めてでした。

浩子さんも最近の猫森集会では珍しい年上ゲストなので、かなり緊張気味のトークでしたが、地元横浜ネタ(っつーか山手ネタだよね)満載で楽しかったです。

と言う訳で曲目リスト。

ねこの森には帰れない

--MC--

パラソル天動説
ガラスの巨人
アトカタモナイノ国

--MC--

春のさけび

--MC--

燃ゆる心あるかぎり

--MC--

でももう花はいらない

--MC--

Believe In Our Smile

--MC--

Lemmon Tree

--MC--

トライアングル

--MC--

のらねこ
SORAMIMI

--MC--

意味なしアリス
星より遠い
フィンランド

--MC--

きみの時計がここにあるよ

--EC--

Puff (the Magic Dragon)

こう見るとトークが多いですねー。「春のさけび」は浩子さんの新曲。
「燃ゆる心あるかぎり」から「Believe In Our Smile」までが鈴木さんの持ち歌。
「Lemmon Tree」とアンコールの「Puff」はご存知ピーター、ポール&マリー(PPM)の歌です。
AQさんを加えると丁度、男2人、女1人の3人組になるので、「YAHだsign01」と浩子さんははしゃいでいました。
オフコース時代からコーラスに定評のある康さんですから、ハモリがキレイでしたよ〜。
何と言っても秀逸だったのが、ラストの「きみの時計がここにある」。
この曲はもともとコーラスがなかったので、浩子さんが康さんに「コーラス付けて下さいsign01」と丸投げ(失礼)したらしいのですが、それがもう美しいlovely

正統派の男性ボーカリストがゲストだったのは初なのでcoldsweats01(←浩子さんが言った言葉)、やっぱり女にしろ男にしろ、正統派のボーカリストゲストの時って良いなぁheart04と感じた次第です。

2014.09.14

日本SF展・SFの国

世田谷文学館で開催されている「日本SF展・SFの国」に行ってきました。

世田谷文学館「日本SF展・SFの国構成はおおまかに3部。
日本SF概論、日本SF専門講義1〜5限目、日本SF専門講義6〜11限目。

SF小説が大好きな私にとっては、日本SF概論と日本SF専門講義1〜5限目が良かったです。
全体的には日本SFの黎明期に焦点を当てていまして、それ故にマンガ、アニメ、特撮映画などなども紹介されていました。
後世のSFな人たちに影響を与えたのは確かなのですが、文学館なんだから、小説に特化しても良いのでは?と思いました。

一番面白かったのが日本SF作家クラブの会報です。
部外秘と書かれているので、おそらく今まで会員以外に閲覧する機会はなかったのではないかと思います。
横田順彌氏の結婚報告記事が載っていたり、堀晃氏の転居のお知らせが載っていたり、ファンにはたまらない記事が多く、じっくり読んでしまいましたsweat01

SF作家さんの生原稿を見る機会も今までなかったので、見ることができたのは貴重な体験でした。
もう少し生原稿の展示が多くても良かったのでは?と思いますが。

文学館なんだからsign01

あと同時に展示されていたのがムットーニのからくり劇場。
私はまったく知らなかったのですが、箱の中に物語の場面を再現し、からくり人形が音楽とナレーションに合わせて動きます。
それほど大きくない箱と人形なので、あまり大勢で観覧できないのが残念ですが、とても幻想的で素敵な人形劇です。
宮沢賢治の小説を読んでいるか、谷山浩子の歌を聴いているかのような感覚に陥る、幻想の世界。
とても良かったです。
日本SF展ポストカード
最後に真鍋博さんのポストカードを買いました。
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」のポストカードが売り切れてしまっていたのが残念sweat02

会場にあったスタンプも押して来ましたhappy01

場所は遠かったですけど、良い展示でした。
是非、第2弾を開いて欲しいものです。

2014.09.07

フイルム一眼レフカメラ買っちゃった

タイトル通りです。
オリンパスのOM-1を買ってしまいました。

オリンパスOM-1なかなか良い状態の中古品に巡り合えたので、これも縁!と思いきって買いました。

1番は全景写真。ペンタプリズムのデザインがカッコいいですheart04
2番はシャッタースピードダイヤル部分。OMの特徴として、シャッタースピードのダイヤルがレンズ部分に付いています。これがすごく使いやすい!
3番は感度(ISO)ダイヤル。ASAと書いてありますが、ISOと同じ基準だそうです。
4番は内蔵露出計のオン/オフレバー。露出は一応電池式で内蔵してあります。実際に撮影してみましたが、問題なかったです。
5番は絞りダイヤル。レンズは50mmのF1.8という販売当時の標準搭載レンズを付けていまして、絞りは1.8〜11の間で切り替えられます。
6番はタイマーレバーとフイルムを巻き戻す時のリバース切替レバー。
7番はシャッターボタン、フイルムを巻くレバー、感度ダイヤル。

やっぱりフイルムカメラってディテールが美しいですよね。
内蔵の露出計を見ながらのフルマニュアルですが、これが撮影していてなかなか楽しいですnote

でもフイルム代、現像代、プリント代、CD代を含めると1本撮影するのに3000円くらい掛かるので、そんなに頻繁にはこのカメラで撮影できませんが、頑張って上達したいと思いますhappy01

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ