« 日本SF展・SFの国 | トップページ | ティム・ガンのファッションチェックに習って »

2014.09.15

猫森集会2014 Aプログラム

青山円形劇場も行きましたが、スペースゼロも当然行ってきましたよ。
ということで、猫森集会です。
意外と行っている初日でございます。
今回のゲストは鈴木康博さん、ということで絶対Aプログラムに行きたかった訳です。
…はい、私、オフコースファンでしたsign01

オフコースのライブは後にも先にも武道館10日間の時に行ったのみで、その当時、MCは全くと言っていいほどなかったので、真面目に康さん(と言ってしまう)のフリートークを聞いたのは初めてでした。

浩子さんも最近の猫森集会では珍しい年上ゲストなので、かなり緊張気味のトークでしたが、地元横浜ネタ(っつーか山手ネタだよね)満載で楽しかったです。

と言う訳で曲目リスト。

ねこの森には帰れない

--MC--

パラソル天動説
ガラスの巨人
アトカタモナイノ国

--MC--

春のさけび

--MC--

燃ゆる心あるかぎり

--MC--

でももう花はいらない

--MC--

Believe In Our Smile

--MC--

Lemmon Tree

--MC--

トライアングル

--MC--

のらねこ
SORAMIMI

--MC--

意味なしアリス
星より遠い
フィンランド

--MC--

きみの時計がここにあるよ

--EC--

Puff (the Magic Dragon)

こう見るとトークが多いですねー。「春のさけび」は浩子さんの新曲。
「燃ゆる心あるかぎり」から「Believe In Our Smile」までが鈴木さんの持ち歌。
「Lemmon Tree」とアンコールの「Puff」はご存知ピーター、ポール&マリー(PPM)の歌です。
AQさんを加えると丁度、男2人、女1人の3人組になるので、「YAHだsign01」と浩子さんははしゃいでいました。
オフコース時代からコーラスに定評のある康さんですから、ハモリがキレイでしたよ〜。
何と言っても秀逸だったのが、ラストの「きみの時計がここにある」。
この曲はもともとコーラスがなかったので、浩子さんが康さんに「コーラス付けて下さいsign01」と丸投げ(失礼)したらしいのですが、それがもう美しいlovely

正統派の男性ボーカリストがゲストだったのは初なのでcoldsweats01(←浩子さんが言った言葉)、やっぱり女にしろ男にしろ、正統派のボーカリストゲストの時って良いなぁheart04と感じた次第です。

« 日本SF展・SFの国 | トップページ | ティム・ガンのファッションチェックに習って »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30488/60370019

この記事へのトラックバック一覧です: 猫森集会2014 Aプログラム:

« 日本SF展・SFの国 | トップページ | ティム・ガンのファッションチェックに習って »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ