« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の3件の記事

2012.09.23

手帳

10年前にCLIEのPEG-SJ30を買って、しばらく手書きの手帳を持つことがなくなっていたのですが、CLIEのバッテリーが切れてしまってからは紙手帳とケータイのスケジュール機能の間で放浪していました。
が、去年から、それまでは絶対手を出す気にならなかった「ほぼ日手帳」を使っています。
とは言え、結局ほとんど書き込みをせず(特にiPhoneを買ってからは、スケジュール管理はすべてiPhone)、チケットのスクラップブック状態。

電子では保存できないチケットなどをとっておくのは、ほぼ日手帳を使い始めてから「良いな」と思っていたので、これは続けたい。
が、そのためだけにほぼ日手帳を使うのは、なんだか無駄な気もする。(重いし)
とは言え、ほぼ日手帳で味をしめてしまった

・180度パタンと開く
・方眼紙

という2点のメリットはどうしても捨てられない。

そこで探してみたら、なんとmidoriからMDノートなるものが発売されているではないですか。
ちなみにmidoriはシステム手帳愛用時代にレフィルでとってもお世話になったメーカー。

ほぼ日手帳と同じ糸かがり製法で作られているので、一応パタンと開く仕様。日付が入っていない純粋なノートで、無地・罫線・方眼紙の3種類から選べる。

これは良いではないかheart04

と言うことで早速購入。
手帳と筆記具ほぼ日手帳のカバーに入れてみました。
筆記具はほぼ日手帳時代から愛用しているハイテックCコレトと、今日買ったぺんてるのPH158(マルチ8の海外仕様)。

MDノートは今日から使い始めたのですが、トモエリバーと違ってMDペーパーは地が厚いので下敷きなしで書けるのが良いです。
トモエリバーも好きだったんですが、裏写りはしないものの、筆圧がどうしても裏面に掛かってしまうのが気になり、下敷きを使わないと書けないのが不便だったんですよねsweat02

あとはダイアリーではないので、余計な日付やその他のものに邪魔されることなく1ページを使えるのもGOODscissors
必要に応じては同じ事柄のことを数ページに渡って書けるし、こっちの方が自由度高い!

あと少しはイラストも描いていこうかとカラー用にマルチ8を。
この筆記具もほぼ日手帳で知った文具です。芯を出す仕組みが、製図用筆記具のようですね。(ウチの父が学生時代に製図をやっていたので、小さい頃は製図用具が普通にあった我が家)

と言う訳で、手書きの手帳はしばらくこの組み合わせで行こうと思いますshine

2012.09.19

猫森集会2012 Cプログラム

恒例のオールリクエスト。今年は山口ともさん復活sign01ということで、当然のように行って来ました。
ともさんは長い羽の付いた帽子をかぶり、ちょっとチロリアンな出で立ち。
そして、今回は最初の曲からリクエストsign03

ということで曲目です。

--MC--

ほうき星の歌
クルル・カリル(扉を開けて)
真夜中の太陽

--MC--

まもるくん
月見て跳ねる

--MC--

ハサミトギを追いかけて
風の船
そっくりハウス
テングサの歌

--MC--

PUFF
たんぽぽ食べて
ねむの花咲けばジャックはせつない
会いたくて

--MC--

朝ごはんの歌

--アンコール--

好きかも。

個人的に嬉しかったのは「クルル・カリル」が聴けたこと。私がリクエストしたい曲のナンバー2だったのでshine
「ほうき星の歌」はシングルB面の曲かな?アルバムには入ってない曲ですね。初めて聴きました。
「風の船」は河合奈保子さんに提供した曲だそうです。河合奈保子さんへの提供曲って多いんだなぁ。ちなみにリクエストした人の最初のリクエスト曲は河合奈保子さんの「45日」だったのですが、浩子さんが

「ごめんなさい、まったく覚えてませんsweat01

と言うことで、別の曲になったのでした。一度でもライブでやっていれば覚えているそうなんですが、この曲は提供したっきりだということで、覚えてなかったそうです。

「ハサミトギを追いかけて」はAQさんの打ち込み演奏のない日なので(打楽器奏者のともさんがいるからね)、当然のように手拍子は観客が担当。まぁ慣れたもんです>観客オールsweat02

「PUFF」はご存知PPMの名曲を浩子さんが昔訳詞を付けて歌ったものの再演。リクエストする人もすごいけど、その歌詞カードが残っていて、歌える浩子さんもすごいsign03

今回も楽しいオールリクエストだったのですが(リクエスト権は今回も当たらずsweat02)、なんとなく今回の演奏は去年までに比べてキレがなかったというか、浩子さんの声に伸びがなかったように感じられました。特に80年代の曲。
浩子さんの声のキーが少し下がって来ているのかな〜。

2012.09.15

猫森集会2012 Aプログラム

去年はレポートを書きませんでしたが、ちゃんと去年も行ってましたよ>猫森集会。

と言うことで、今年の猫森集会。
初日、Aプログラムのゲストは俳優の六角精児さん。

猫森集会のゲストの発表があった時、「え、え〜?六角さん?何故?」と思ったのですが、面白そうなので選んでみました。
あと、私も友人も「相棒」ファンだと言うことでscissors

ちなみに浩子さんが「相棒」ファンであることは有名ですが(twitter上でsweat01)、そのせいもあり、すっかり六角さんじゃなくて米沢さんの状態でした。(本人からも、米沢と呼んでくれてOKです、と了承済みcoldsweats01
「相棒」ファンとしてはシーズン11から右京さんの新しい相棒になる成宮くんのことが気になる訳ですが、その辺の裏話やらなんやらを色々聞けて、本当に楽しかったですhappy01

鉄道ファンとしても有名な六角さんですが、結局、鉄の話はまったく出来ず、2日目にお預け状態。
鉄話を聞きたい人は2日目も来い、とcoldsweats01←私は行きませんが。

曲目は次のとおり。

テルーの唄

--MC--

ハーブガーデン
七角錐の少女
終電座

--MC--

山地(やまじ)のうた

--MC--

下北沢茶沢通り
この世で一番キレイなもの

--MC--

おひさま
片恋の唄

--MC--

カタツムリを追いかけて
あの子の愛した三毛猫

--MC--

少女

--MC--

まもるくん
わたしはとっても寝起きが悪い
きみのそばにいる

--MC--

のらねこ

--アンコール--

フィンランド

オープニング曲の「テルーの唄」は出だし咽喉の調子がイマイチだったご様子で、途中で演奏をやめ、歌い直しのハプニング。
いやぁ、初日一曲目から「らしい」始まり方でした(笑)。

AQさんを呼び込んでの3曲はゲストの六角さんにちなんで
六角→七角錐の少女
精児→せいじ→セージの出てくる曲→ハーブガーデン
鉄道好き→終電座
という選曲。

六角さん登場後の一曲目は六角さん自身を歌った歌です。山地っていうのは六角さんの本名。
次の2曲も六角さんの持ち歌。

その後の4曲は浩子さんの歌ですが、その次の「少女」は石川さゆりさんの新譜に提供した曲。石川さゆりさんと浩子さんは共に今年デビュー40周年だそうです。

今日の席はいわゆる向こう正面の席で、ゲストの様子が一番良く見える席だったのも良かったです。
今回もとても楽しい猫森集会ですheart04
次はオールリクエストだっup

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ