« パケホ | トップページ | 我が家のコーヒー豆・3 »

2010.06.03

冷蔵庫顛末

3月から冷蔵庫の切替室が勝手に切り替わっちゃう暴走を始め、1ヶ月前くらいから扉のパネルで庫内の温度切替ができなくなり、この1〜2週間くらい冷蔵室の冷却力が低下している気がしました。
ダンナに言うと
「俺もそんな気がする」
とのこと。

事実、今までは余裕で日持ちした肉類が傷みやすくなっている。
こりはヤバい

先月PowerBookが逝ってしまいMacBook Proを買ったばかりの我が家。
この状態で冷蔵庫を買い替えるのは非常に厳しい。
とはいえ、一応電気屋さんに冷蔵庫を見に行くことに。

久々に冷蔵庫売り場を見てみると、驚いたことに野菜室が一番下になっている
「えーそんなバカな」
と色んなメーカーの冷蔵庫を見てみたけど、東芝以外は野菜室の位置が一番下。(下位モデルでは一部真ん中野菜室のメーカーもあり)

いや、白物家電では好きなメーカーと言えば日立・東芝なので、ワタシ的には別に良いのですが、何故揃って真ん中野菜室を止めてしまったの?と、売り場の店員さんに訊くと
「冷気は下に下がるので、真ん中を冷凍室にした方が効率が良いんです。」
とのお答え。
ちなみに東芝は2つ冷却装置を付けているので、その必要がないんだとか?

まぁ、何にせよ、エコポイントが付こうが冷蔵庫はやっぱり高い。
一応サービスセンターに電話してみて、修理可能か確認しよう、と言うことになり、日立のサービスセンターへ連絡。(我が家の冷蔵庫は日立のPAMくんR-K37MPAML)
サービスセンターで受けたおねーちゃんは、受け答えが非常に頼りなく、少々心配だったのですが、一応修理は可能で、修理代も1万5千〜2万円だとのこと。
東芝のHDレコーダーの件もあるので、
「ホントか〜
半信半疑ながらも修理を依頼しました。

で、日立のサービスマンが電話した翌日来てくれたのですが、なーんと
14,553円で修理できました
買おうと思っていた冷蔵庫の10分の1の値段です。助かった

内訳は
扉のパネルの液晶をまるごと交換:3500円
RDセンサー:560円
技術・出張料:9800円
あと消費税です。

冷蔵室の冷却力が低下していた原因は、自動霜取りの時に働くセンサーが壊れていたそうで、そのセンサーを交換した訳ですね。
修理時間は正味1時間弱。
非常に助かりました

冷凍室の冷却力が落ちると、冷蔵庫としての寿命が来た場合が多いらしいのですが、冷蔵室は修理で直る場合も多いみたいです。(※部品があれば)

安易に買い替えない方が良いこともありますね

それにしても台所を掃除しておいて良かったー

関連記事
“真ん中野菜室”応援団、結成!

« パケホ | トップページ | 我が家のコーヒー豆・3 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷蔵庫顛末:

« パケホ | トップページ | 我が家のコーヒー豆・3 »

フォト

最近のトラックバック