« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の15件の記事

2010.02.26

キタムラの財布

去年の秋、ようやく下ろしたインゲボルグの財布
買った時に
「大きいなぁ…despair
と思った予感通り、使い始めたらやっぱり大きすぎて

非常に使いづらいsign03

まず札入れの部分が深すぎて、お札の出し入れがしにくい。札入れが2つに分かれていないのも今時珍しいのでは。
小銭入れもビミョーに深すぎて出しづらい。
我慢して5ヶ月間使いましたが、限界です。

と言う訳で、チャーミングセールのキタムラです。
やっぱりね財布のバリエーションの豊富さって言ったら右に出るものないんじゃないかと思いますよ、キタムラは。

一応私の希望としては
・二つ折り
・札入れと小銭入れは仕切りあり
・色はできれば暖色系
・そこそこカード類が入る
というものです。

キタムラ二つ折り財布(ワイン色)で、ものすごく迷った結果選んだのが←これ。
キタムラは相変わらず店員さんがしっかり付いてくれちゃいましてcoldsweats01、かなり悩み&迷った結果の決め手は
・色が大好き
・カードがそこそこ入る
・高級感のある質感
ってとこでしょうか。

実は小銭入れががま口タイプのお財布を使うのって初めてです。
今まで一番多いのがスナップ。ファスナーはインゲボルグの財布が2つ目くらいだと思います。
で、私の使い勝手的にはファスナーって意外と開け閉めが面倒。
それに比べるとがま口って開閉が楽ですよね。
それも決め手のひとつかな?

キタムラ二つ折り財布中身財布を開くとこんな感じ。
新品のせいだと思うのですが、カード類を入れるとかなりギュウギュウな感じになってしまいます。
使って行く内に革が伸びてくれることを祈る。
外側にもポケットが付いているので、用途によってカードを入れる場所が決められてかなり良いです。

しみじみ、キタムラの財布って色々考えられてるよなー、と思います。
小銭入れだって、がま口・スナップ・ファスナー・ボックス開きと種類豊富だし、カラーも豊富。
季節やバッグに合わせて財布を変えたくなってしまう気分にさせますね。

2010.02.25

シーフォートスクエア

シーフォートスクエア昨日行った銀河劇場が入っている建物が、品川にあるSea Fort Square。
この建物は出来た当初くらいから仕事の関係で行っていた場所ですが、バブルの名残がそこかしこにある豪華な造りの建物です。
[←ISO50 F2.7 1/200 WBオート 露出補正なし]

撮影にも使われるオシャレなデザインで、大好きな建物のひとつ。
舞台が始まるまで、結構時間の余裕があったのでEXLIM EX-Z600を駆使して、何枚か撮ってきました。(EXIF情報載せてますが、設定いじっただけのフルオート撮影です。所詮コンデジsweat02
あー、早くマイクロ一眼が欲しいよ〜sweat01
撮影時刻は大体夕方の4時半〜5時半過ぎくらいです。

シーフォートスクエアのガレリア右はエントランスのガレリアにあるエレベーター。
1階・2階用です。無駄に豪華coldsweats01
殆どの人は両側にある螺旋階段を使ってます。もしかするとこのエレベーター、今は使用してないのかも…。メンテナンスを考えると採算取れそうにないもんなぁ。
でもすごく美しい。
[ISO800 F2.7 1/30 WBオート 露出補正なし→]

第一ホテル東京シーフォート左はセンターコートから写した写真。
手前がエクセルシオールカフェが入っている辺りで、奥は第一ホテル東京シーフォートの1階。
最初ホワイトバランスをオートで撮影したらかなり青白っぽくなってしまい、慌てて設定を変えました。
[←ISO800 F3.0 1/25 WB太陽光 露出補正-0.7]

ガレリアの2階照明と天井右はガレリアの2階フロアで撮った、ライトと正面のガラス張りの壁および天井の様子。
もう絶対豪華ですよねー。こういう内装デザイン、今の時代じゃ絶対造ってくれないと思う。
[ISO800 F3.0 1/30 WB昼光色 露出補正+0.7→]

とにかくこのシーフォートスクエアを含めた天王洲アイル地帯は、写真撮影するには楽しすぎる建物と内装が目白押しです。
絶対、絶対、マイクロ一眼を買ったらリベンジ撮影をしようと思います。

2010.02.24

DANCE ACT 「MATERIAL」

「MATERIAL」波津彬子さんの漫画「雨柳堂夢咄」が舞台化されるということで、久しぶりに銀河劇場へ行ってきました。

え〜と、真面目に事前情報に目を通さなかったのもいけないのですが、原作が好きで観に行った者にとってはショックでしたsad
ホントに“Dance Act”なんですねsweat02

まず主演の朝海ひかるさんが登場した瞬間、拍手。
「え?何事?」
と宝塚未体験な私としては戸惑いました。つられて拍手しましたが、なんかビックリwobbly
そして、蓮さんの役が朝海さんだと思っていたので(いや、間違いじゃなかったんだけど)、髪が長い状態なのも
「えー?なんか違う…」
と思ったら、いかにも蓮さんらしい男性(三浦涼介さん)も続いて登場。
どうやらメインは三浦涼介さんだけど、朝海さんとの二人一役な模様。
でもこの三浦涼介さんが

まさに蓮さんでしたsign03

もうイメージ通りっていうか、現実にあんな雰囲気を持った男性っているんだ、という驚き。
感動ですheart04

舞台は雨柳堂の色んな話をモチーフ的に使ったダンスステージです。
原作知ってると「あ、あの話を部分的に使ってるのね」と判るのですが、おそらく観客の多くは宝塚ファン。まぁ、朝海さんのダンスパフォーマンスが見れれば満足な方が多いのでしょうけど、モチーフとなった雨柳堂のことはよく判らなかったのではないかと思います。
少なくともこの舞台を観て漫画を読んでみようとは思わないかもなー、というのが私の感想。

後半30分くらいは完全なダンスステージで、いわゆる宝塚のレビューみたいな感じなのかな?
雨柳堂はどこへやら?という状態で終幕してしまったのには、原作ファンとしてはガッカリsad

もっと小劇場で良いから、三浦涼介さんを蓮さんで、しっかりしたお芝居が観たいなぁ。

2010.02.21

湯けむり温泉芸社

年に一度の芸社へ今年も行ってきました。
今年は「湯けむり温泉芸社」。

映像温泉芸社上映会17 湯けむり温泉芸社温泉旅館仕立てかと思いきや、いきなり企画変更(?)で、芸社の会社説明会の態で進行されましたcoldsweats01
自主映画の上映会企画なんてマイナーな趣味、そうそう人材が集まる訳はないのですsweat02

中村犬蔵先生の作品は前回に引き続きクドリャフカシリーズ「人造犬クドリャフカー」。「人造人間キカイダー」をフィーチャーしたものです。
犬蔵先生と私は同い年なので、見て来たテレビ番組などが一緒。キカイダーは懐かしかったです。変身のシーンとかも「おお!heart01」と感動してしまいました。
クドリャフカシリーズはデンキネコ以上に完成度の高い作品で、自主映画上映会だけの上映は非常に勿体ない。…が、色々フィーチャーし過ぎているのでsweat02、公の電波や市販のものに載せられないんですねbearing
ホントにホントに勿体ないsign03

その他、酒徳ごうわく先生の作品は「空気アマゾネス〜AIR AMAZONS完全版」。今回の「湯けむり温泉芸社」のHPで飛び交っているのが主演女優のエアアマゾネスです(笑)
当日の会場ではこの主演女優が切り売りされていましたsweat01
相変わらずの脱力系バカ作品で笑えます。

招待作品では高岡晃太郎氏の「タイムショック関根先生」がやはり面白かったし、できばえも素晴らしかった。さすが、市販DVD(「エリートヤンキー三郎」)の特典映像として作られただけのことはある。主演俳優は池田鉄洋さんだし。
池田鉄洋さんは「タモリ倶楽部」出演で知った俳優さんなのですが、何の気なしにテレビを付けていた時に見た「チチ、カエル。〜ボクとオカマの夏休み〜」がすごく面白くて、一気に気になる俳優の一人になりました。
舞台俳優って強いよなーと感じる俳優さんです。

あとすっかりおなじみとなった伊勢田勝行氏のアニメ(?)新作「ふらんくフルート」。
相変わらず聞き取りづらい音声と魔女っ子設定で、バカバカしい展開です。(注:褒め言葉です)

芸社の上映会に行くようになってから結構経ちますが、今回は割と女性客が多かったように思います。(当社比)
それでも休憩時間の男子トイレの方が混んでましたけどねsweat01

2010.02.15

スタバスプリングキャンペーン

スターバックス桜ステンレスタンブラーバレンタインが終わればスタバはスプリングキャンペーン。
っていうことで、桜柄のステンレスタンブラーを2本買ってしまいましたsweat01
初のトールサイズステタンです。

ステタンとしては初の柄物。
しかもグリップのゴムにも桜のエンボスが入っていて、とても凝ってます。
これはどちらか一つなんて選べませんbearing
ダンナにはやっぱり呆れられましたが、ステタン便利だしねー。

あと初めてスタバカードを買いました。
カード普及と利用促進のためか、5000円チャージする毎に無料ドリンクチケットが付くと言うので。
デザインも可愛くて、以前から欲しかったスタバカードをようやく買おうと思えました。
キャンペーン期間中にもう一度くらいチャージして、ドリンク券ゲットしようかなnote

2010.02.14

バレンタインデイってことで

Vanilla Sugarの生チョコ当のダンナはスキーに行って今日中に帰ってくるかがビミョーなところですが(12時過ぎる可能性もあるのでね)、珍しくsweat01バレンタインチョコを買いました。
大好きなショップ・Vanilla Sugarの生チョコです。

生チョコはバレンタイン限定だそうです。
相変わらずイイお値段coldsweats01
でも美味しくて地元企業だから許せるんですが…。

明日、私は飲み会で夕飯の用意ができないので、これでウィスキーでも飲んでもらえれば…と殊勝なことを言ってみたりしてsweat01

星空のショーコラで、今回生チョコを買ってスタンプカードが15個貯まったのでショーコラを頂けましたheart04
「星空のショーコラ」の紅茶かコーヒーのどちらかを…ということだったので、紅茶を選びました。
早速食べましたが、紅茶の香りはかなりほのかな感じです。
相変わらずサンドされているチョコはおいしい〜delicious

「星空のショーコラ」は売り上げの10%がアフリカの子供達のために寄付される商品です。
なんかこういう取り組みって良いですよね。

2010.02.09

カピバラさん meets in 北千住マルイ

またまたカピバラさんのmeetsイベントに行ってきました。
今回は北千住。なんでカピバラさんのイベントは北の方が多いのかなー。

カピバラさんイベントイベントスペースは駅から続くペデストリアンデッキ(…と言って良いのかな?)から入ったところの右手前奥。
狭かったです。

←この写真はイベントスペースの上の壁の方を液晶画面を見ずに撮りました。

カピバラさんイベントスペースの正面で出迎えてくれているカピバラさんたち→

今回のmeetsイベントは、ご当地名産デザインではなく、バレンタインシリーズでした。
北千住だとご当地モノが難しいのかな?(よく知りませんが。なんせ初めて北千住へ行ったdash

平日の割には人は多かったかな?
私のように写真撮ったり、グッズ買い込んでる人もチラホラ。買ってる人はそれほど多くなかったのですが、KIDDY LANDのスタッフの人の手際が悪かった気がしました。
なんで会計にあんなに時間が掛かるんだか…annoy

カピバラさんジオラマ  カピバラさんジオラマ
上の2枚は恒例のジオラマ。
ディスプレイ自体はすごく可愛いのですが、棚の中に飾ってある上に向かいの壁が鏡になっているため写真が撮りにくいsad
こういうディスプレイ方法だとどうしても奥が暗くなってしまうのですが、鏡があるからフラッシュが使えず、しかも鏡に自分が映り込んでしまうので角度に気をつけないといけない。
ということで左右両側から撮っています。

このジオラマの下には限定グッズやノベルティグッズが飾られていましたが撮影禁止down
キュルッとツアーでは手ぬぐいやグラスがあったんですねsign01
ツアーに参加された方が羨ましいbearing

購入したかぴばグッズとノベルティグッズと言う訳で、本日の戦利品。

恒例のクッキーは当然ゲットshine
あと先月の東京駅で発売されたカピバラさんチロルチョコ。ホントは50種類あります。

今回は北千住だし、まだイベント始まって2日目だから全種類ゲットできるかな、と思ったら全然甘かったですsweat02
残っていたのは5種類だけ。
しかもカピバラさんやホワイトさんは全然なくて、なまけものくんやリャマさんだけ。
ちょっと悲しーweep

北千住限定クッキー  チロルチョコ

今回買ったのはこれだけじゃありませんsweat01
そう、これだけではエコバッグは貰えませんからね。
実は年甲斐もなく↓こんな物を買ってしまいましたsweat01
携帯ストラップパーツ  完成した携帯ストラップ
カピバラさんの携帯ストラップパーツです。思わず可愛くて買ってしまいました。
パーツは結構しっかりしたものです。
mixiのコミュでも話題に上っていなかったようですが、まだ知られていないんでしょうか?

2010.02.08

サントリーモルトラリーの景品

馴染みのバーがサントリーの販促(?)で行っていた「サントリーモルトラリー」。
ま、なんてことはないサントリーのモルトウィスキーか、サントリーが輸入しているモルトウィスキーを飲んで、スタンプラリーを集めると景品がもらえる、というキャンペーンですね。
一応規定数のモルトウィスキーを飲んだので、景品を頂きましたshine
サントリー樽材オリジナル印鑑ウィスキーの樽材として使われたオーク材で作られた印鑑です。
「山崎」の文字がカッコ良いheart04
印鑑はシャチハタタイプです。三菱鉛筆製。

私の名字は結婚して、珍しい名字になってしまったのでsweat02印鑑は結構有り難いのです。(絶対注文作成しないといけないのでdown
今回はなんとフルネームの印鑑にしてみました。
私の名前は漢字四文字なので、四角く名字と名前が並んで作られるのかと思ったら、縦一列に入りましたcoldsweats02
こういう印鑑ってなかなかお目にかからないので、すごく新鮮shine
仕事の簡易回覧の時に使おうと思いますhappy01

2010.02.07

我が家のコーヒー豆・2

コーヒー豆最近ダンナがスタバのステンレスタンブラーにコーヒーを入れて仕事に行くので、コーヒー豆の減りが早いです。

前回のリフレッシュブレンドはかなり飲みやすいすっきり味でした。
家でじっくり飲むにはあっさりしすぎなブレンドで、逆に持ち歩いて気軽に飲むのに向いてる感じです。
バレンタインブレンドはそれよりもうちょっとコクがある感じ。

で、今回買ったのは横浜限定の「濱ッ子珈琲」とメルカードの定番ブレンド「メルカードブレンド」。
さてどんな味でしょうかcafe

2010.02.06

江東区散策

かつては通勤していた江東区ですが、やっぱり遠い。
が、ダンナが珍しく
「見に行きたい」
と言うので、東京都現代美術館へ。
東京都現代美術館初めて降り立った清澄白河駅から歩いて15分ほど。
大きくてキレイな建物です>東京都現代美術館。
実はこの美術館、昨年末の江東区文化センターでの谷山浩子コンサートの時に行ってみようかとたかにゃと言っていた美術館です。
その後、萩尾望都さんの原画展が池袋で開催されるという情報を入手して、計画倒れになりましたが。

さて、目的は「サイバーアーツジャパン」展。
へぇ、ってなもんでダンナに付き合いました。
詳しい内容についてはダンナのブログで。
まぁ、面白かったですね。思いのほか混んでいてビックリしましたが。

Post Petのモモこーんなヤツ→ものんきに寝てましたしcoldsweats01

Post Petは今度twitter版を発売するそうで、デモ版が映し出されていました。
メーラーの時も重かったけど(実際に私は使わなかった)、twitterブラウザとしても重そうです。
フォローしている人が多かったら追いつかないだろうannoyって感じ。

サイバーと銘打っているだけあり、やはり最新のデジタルコンテンツを理解してないとちょっとつまらないかも、です。
特にtwitterをやっていないと、最後に映し出されているものが何かが理解できないのでは…と。

ちなみにこの日の最大の目的は、森下にある山利喜。
居酒屋好きで知らない人はいない、と言われるお店です。
まず感想は、

開店前から並ぶ居酒屋ってありえないgawk

煮込みが人気メニューだそうですが、私が感動したのは

レバーshine

すっごく美味しかったsign03このレバーのためだけに行っても良いかも。
かしらも美味しかったですね。
ただねー、やっぱり並んでまで入るっていう気は起きない…。
それだったら地元でも良い居酒屋たくさんあるよ、って思っちゃう。
地元にあるんだったらそこそこ通うと思うんだけどね。
でも一度行っておいて良かったと思います。話のネタになるし。
お値段も安かったしね。

2010.02.05

une couleur tendre et romantique

インゲボルグ春のコレクションです。
サンプル展示を見た時には

「絶対買うheart04

と思ったアンティークアネモニープリントなのですが、なんか私の記憶していた色とハニーベージュが違っていて、ピンクもカタログで見るのと発色が違って
「なんか違う…sweat02
と一気に購入意欲が萎えてしまいました。

悪くはないプリントなのですが、冷静に我に帰ると
「絶対欲しいプリントじゃないかも」
と思えて来て、現在マイクロ一眼欲しいモードの私としては
「今回は買わないでおこうかな」
とまで思いました。

ノベルティのアクセサリーケースは、あのキルティングがあまり好きではないし、あんな大きいアクセサリーケースじゃ持ち歩かないわsweat02と、ノベルティのために買う気も起きず…。
一応、カットソーやその他チェックしたのですが、気になった唯一のものがバーネットローズのチュニックワンピース。
このプリントでは黒のスカートを既に購入済みですが、やっぱりバーネットローズプリントは可愛いんですよね。
で、試着もしてなかったし、一応着てみることに。
チュニックワンピースなので、やっぱりラインはふんわりしているのですが、今までのチュニックワンピースに比べるとすっきりライン。
袖のフレンチスリーブも可愛いし、これなら以前買ったキャミソールワンピが活躍できる。
とゆーことで、バーネットローズのチュニックワンピースをお買い上げ。
一応身ごろを少し詰めてもらうことにしました。
今月はこれでもう打ち止め。
3月はサンダルの入荷があるんだったら、買おうかなって程度。
絵型を見て色々欲しい物があった筈なんですが、しみじみ今自分にとって優先順位が高いのがマイクロ一眼なんだな、と実感し、洋服は諦められます。

カメラ買った後に反動でバカ買いしないと良いですけどねsweat01

2010.02.04

秋かなキャンペーンの結果

神奈川県が毎秋おこなっている「秋の神奈川再発見キャンペーン」。
この秋は歴史博物館と近代文学館へ行ったので(…っていつも行ってるじゃねーか)、スタンプラリーが無事集まりましたshine
当選商品で、当たった商品が
←これですsweat02

まぁ別に期待はしてなかったけどさ、シルク博物館のご招待券かぁ…downというのが正直な感想。

しかも

1枚ってsign011枚ってsign03

ありえなーいannoy

せめて2枚付けてよ〜bearing
ガッカリ度が増すってなもんです。

シルク博物館は四半世紀前sweat02に一度行ったことがあります。
その頃から何か変わっているんでしょうか?
いや、変わっていなかったらそれはそれでビックリですが…。

気が向いたら、ダンナと行くと思いますcoldsweats01
一人分の料金払ってねsweat02(←きっとこれが観光協会の狙い)

2010.02.03

PENのエントリーモデルが発売

うわー、うわー、やばいです。
PENのエントリーモデルとしてPEN Lite E-PL1が3月5日に発売されるそうです。
PEN Lite E-PL1おそらくGF1をムチャクチャ意識したのではないかと思われる軽さとボタン配列。
GF1より10gくらい重いですけど、このくらいだったら許容範囲なので軽さを求める人(ワシじゃ、ワシ)には迷うところです。
でもパンケーキレンズセットはないのねsweat02
その選択はどうなんだろう??と、購入を考えている層からすると疑問。
コンパクトデジカメからの移行を考えている私としては、とりあえずコンパクトさを最優先にパンケーキレンズセットが欲しいんですけど。で、マイクロ一眼に慣れたらズームレンズって感じかなー。
オリンパスブランドは魅力だけど、考えてしまう。

PEN Lite E-PL1背面ボタン配列はちょっとGF1を意識している感じが受け取れますね。
動画ボタンの独立、撮影モードダイヤルの位置。
あとフラッシュ内蔵にしたのも、コンパクトデジカメユーザーからするとあった方が安心する機能の一つですよね。

実際、私はEXLIMでフラッシュを使うことって実は殆どないのですがsweat01何かの時にあった方が便利かなー、とは思います。
(EXLIMでは割と早々にフラッシュ使うのを止めてしまいました。なんかフラッシュ使うと気に入らない写真になったのでdespair

さて、PEN Liteの発売発表で思わず舞い上がってしまいましたが、仕事帰りにまたもや本を買ってしまいました。
「女子カメラ」Vol.13ご存知「女子カメラ」最新号のVol.13です。
一眼ビギナー用の記事が載っていたのが購入の決め手。Q&A形式で読みやすい。
あと桜の写真をキレイに撮るコツが載っていたのもポイント高しcherryblossom
やっぱり男性向け(?)に書かれている本よりも楽しく読めますnote
いやー、デジタル一眼を買っていないのに、夢中になっている自分が不思議。(ま、我が家にあるNikon D50を使えば良いんですけどsweat02

●本日の洋服●
グレー・モチーフ付きタートルニット(IB'08)、黒・リボン×チェックアシンメトリーSK(IB'04)、白Vネックカーディガン(IB'97)、ラビットファー付きスタンドカラーコート(ミッシェルクライン)

2010.02.02

雪の日の写真

雪が積もりましたね。
とゆーことで、ベランダから雪景色を撮ってみました。

雪景色
この写真を撮る前に2枚写真を撮っています。
↓これ。
雪景色  雪景色
左の写真が最初に撮ったもの。暗いです。何も設定しないで撮ったものです。
右は露出を+0.7EVにしました。
それでも暗かったので+1.0EVにしたら、ちゃんと雪景色が白く映ってくれました。(最初の写真)
やっぱり露出補正って大事なんだなぁ、と改めて実感。
カメラは相変わらずEXLIM EX-Z600です。

2010.02.01

カメラの本

『すてきな写真』またカメラ関係の本を買ってしまいましたsweat01

前回買った『オリンパスPENとパナソニックGF1の撮り方手帖』で写真が載っていたフォトグラファーその江さんの本です。

GF1中心の本を買おうかとも思ったのですが、それよりも女性が撮りたい写真がどうやればオシャレに撮れるかを解説している本の方が今は有意義かな、と。
使用カメラはオリンパスPEN EP-1、ペンタックスK-x、Nikon D700あたりが中心の本です。う〜ん、やっぱりLUMIXは使ってくれてないのねsweat02

パナソニックは「女流一眼」と銘打って女性ターゲットのプロモーションをしているけど、実際は本気でカメラをやりたい女性はPENを選んじゃっているんだろうか?と思ったりします。
価格.comのレビューもmixiのコミュも男性が殆どだもん。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ