« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の14件の記事

2009.11.26

誕生日には花束を・2

馬車道と桜木町の間くらいにあるイタリアンレストラン「テンダロッサ」へ、忘年会shineと称して行ってきました。
たかにゃとランチを食べて
「今度は夜来たいね」
と言ってたので、その実現です。
メンバーはたかにゃともう一人の友人。

いや〜、美味しかったけど高かったですsweat01
それなりに高級食材も入手されているようで、白トリュフとか案内されましたが、これはスルーしました。
花束で、お食事の最後に
「誕生月だから」
と花束をいただいてしまいましたpresent
久しぶりに花束をいただきました。
単純に嬉しいです。

2009.11.24

エルモザ

冬フェアで買ったエルモザのブラウスとスカートを引き取ってきました。

エルモザブラウス(モーヴ)エルモザプレミアムのモーヴ色のセットです。
ブラウスは袖丈が長かったので詰めてもらいました。
このブラウスはかなり襟ぐりが空くのでインナーが必須です。
でも逆にタートルインナーを合わせたりも出来るので、結構使い勝手が良いのでは?と思ったりしてます。

エルモザスカート(モーヴ)スカートは丈短タイプです。
もうちょっと短くても良いかなー、とも思ったのですが、とりあえず丈詰めは無し。ウエストだけ詰めてもらいました。
ウエスト詰めてしっかりウエスト履きすると少し丈が上がるしね。

色はワタシ的には焦げ茶やベージュもありだったのですが、まずレースとモチーフが薄い色の方が目立って可愛いので、焦げ茶はやめました。
ベージュとこのモーヴだと、モーヴの方が焦げ茶との馴染みが良さそうだったのと、この色が意外とツボだったので、モーヴに決定shine
サンドベージュや薄モカと言っても良いような色なので、その辺も好みに近かったという感じかな。

ちなみに素材はポリエステルなので、ホームクリーニングが可能です。

2009.11.23

四国旅行

11月18日の夜から22日まで四国ローカル線の旅へ行ってきました。
そう、ローカル線の旅です。
四国なのに車を使わないんですcoldsweats01

事の発端は私が「寝台列車に乗りたい!」と言ったことです。
最初はサンライズ出雲で出雲に行きたいと思っていたのですが、ダンナが
「バースデイ切符っていうのがあって、11月(私の誕生月)ならJR四国がお得だよ」
という情報を仕入れて来たので、じゃあこんな機会でもなければ四国なんて行かないだろう(←失礼なsweat02)と、JR四国で巡る旅にしました。

ルート・スケジュールは全面的にダンナ任せです。
私が言ったのは「桂浜には行きたい」ということだけ。

四万十川
↑写真は四万十川。
予土線江川崎駅で降りて、レンタサイクルを借りようと計画していたのにレンタサイクル屋さんがつぶれていてsweat02時間が余ったので次の半家駅まで歩いた時の写真。

詳しいレポートはダンナのブログを是非お読みください。

初の寝台特急(四国旅行1日目)
讃岐うどんに舌鼓(四国旅行2日目その1)
松山一泊!(四国旅行2日目その2)
キャンプ初見学(四国旅行3日目その1)
愛媛南下(四国旅行3日目その2)
四万十川を串刺し!(四国旅行4日目その1)
土佐到着(四国旅行4日目その2)
四国最終日!(四国旅行5日目)

四国に行った感想はですね

すっごく良かったsign03 また行きたいsign03

です。

いやぁ行く前は
「四国なんて田舎、一度行けば充分でしょ」
と思っていたのですが、四国良いとこheart04
今回列車で旅をしたのも良かったのかもしれません。列車の本数は少ないですが、列車の時間に合わせて観光をすれば良い訳です。融通は利きにくいですが、それもまた味。足りなかった分はまた来よう、という気になります。
あと列車だと車より現地の人とのふれあいが出来ますね。駅や列車内で地元のおばちゃんに話しかけられること数回sweat01

かずら橋そして地図&地名オタな私としては、四国4県は旧国名をとても大事にしているところが良いです。
平成の合併で旧市町村名が消えてしまっているのは残念ですが、それは四国4県に限ったものではないですし。(合併で出来た新しい市町名って大嫌いさangry 旧地名を復活なら良いんだけど)

首都圏からは遠い四国ですが、行ったことない人は一度是非sign01
私はとりあえず徳島の県庁所在地と大歩危リベンジをしたいです。

→右写真は大歩危の有名なかずら橋。

2009.11.12

ヘアケア重視2

先日、久しぶりに昔なじみの化粧品店へ行ってきました。
誕生月なのでサービスがある、とDMを貰ったと言うのも一つの理由なのですが、もう一つの理由としてパウダリーファンデーションの相談もありました。

私は長いことクリームファンデーション+白粉派だったのですが、最近ちょっと面倒になって来たんですねcoldsweats01
あと、最近のパウダリーファンデーションの質が向上したのか、仕上がりがクリームファンデーション+白粉よりもキレイなことが多い。(色々な試供品を使った時の感想)
一応、化粧直し用に昔からパウダリーファンデーションも買っていて、現在使っているのがアルビオンのモイスチュアシフォン。
悪くはないのですが、先頃コスメデコルテが久しぶりにエタニアを復活させたと聞いたので、昔愛用していたこともあり良ければ乗り換えようかと☆

実際に付けてもらった感想としては、モイスチュアシフォンよりはカバー力が低いかなー、という印象。薄付きなんですね。
エタニアを愛用していたのは30代前半の独身時代。
うーん、その頃に比べると確実に肌は衰えているんですねsweat02
薄付きファンデだと隠せない肌の粗が…sweat01

で、TWANYはどうかと聞いたら、モイスチュアシフォンと同レベルのカバー力を希望するならエスティチュード ラグジェでないと厳しいと言われました。(価格として5000円アップ)
正直、モノが良ければ10000円のファンデーションでも構わないのですが、同レベルの効果が5000円安いアルビオンで得られるのなら、やっぱり勿体ない。
とゆーことで、パウダリーファンデーションはまだ暫くアルビオンを使うことにcoldsweats01

チークとヘアブラシで、結局買ったのはチークとヘアブラシ2種。

チークは今、1つしかないので実は欲しかったのです。
手持ちの色はオレンジ系なので、一応ピンク系を。アルビオンのエプリスです。発色としては薄付き。
左の色がマットタイプで、右がハイライト的なパールタイプです。別々に使っても混ぜて使っても、という最近流行のタイプ。

あと、実は随分前から欲しかったヘアブラシ。
実は私、ヘアブラシを一本も持っていなかったんですsweat02
髪の毛を梳かすのは櫛かクルクルドライヤー付属のブラシsweat01
さすがにきちんとしたものを使った方が良い、と美容院で読んだ雑誌に書いてあったし、職場においておけるような携帯ブラシも欲しかったんですね。
と言う訳で、ブラッシングブラシの811と携帯用ブラッシングブラシ801を購入。
どちらも猪毛です。811の方は柄が黒檀です。高級感shine

ちゃんとしたブラッシングブラシを使用するのは初めてです(この歳になって…)
でもストレートヘアを美しく保つにはブラッシングが欠かせないですもんね。猪毛が非常に頭皮へ刺激を与えてくれます。そして梳かした後は暫くサラサラ感が続くのですごいです。(私、猫っ毛なのに)

最近、美しい髪のための出費を惜しんでないなぁ、と実感したりしてsweat01

2009.11.11

横浜のイタリアン

職場の友人と人気のピザ店「シシリヤ」へ行ってきました。
6時からの予約だったのですが、私ともう一人が5分前くらいに到着して入店。店内にはもうお客さんが満席状態でした。
お店はカウンターを中心としたとてもこじんまりした造りなので、収容人数は20〜25人くらい?
狭いです。
ピザはすごく美味しかったですsign01
けど、人気店でウェインティングも多いので理解はするんだけど、のんびりできる雰囲気はありません。注文も急かされる感じで…。
ピザ屋さんなので、ファストフード的な利用の方が良いのかもしれません。
のんびりイタリアンを楽しみたいアラフォー世代には、ちと厳しい感じ。

ちなみに、横浜〜関内近辺のイタリアン系でお気に入りのお店というと次のとおり。

restaurantオ・プレチェネッラ
もう行ったのは5年以上前ですがsweat01美味しくて感動しました。
お値段も良いけど、相応のサービスは受けられるお店です。
併設のア マシケラにはまだ行ったことがないので、その内是非行こうと思います。

restaurantダ・タカシマ
今年職場の人に連れられて行ったお店。可愛い建物です。
ここも美味しかった〜heart04
オ・プレツェネッラはコース料理がメインですが、ここはアラカルトメイン。

restaurantラ テンダロッサ
先日、たかにゃと一緒に行ったお店。ランチで行ったのですが、ゆったりランチにお薦め。
夜は週末を中心に貸し切りが多い、という、パーティがしっかりできるお店。
関内・桜木町界隈のランチ価格としては高めですが、本格イタリアンのランチとしてはお得な価格設定だと思います。

restaurantビストロ マール
以前はランチをやっていたので結構行っていたのですが、ランチを止めちゃってから行ってません。
夜に一度行きたいなぁ、と思いつつ、カウンターしかない店なので大人数で行けないんです。
どちらかというとバーに近いお店かな。

あと、イタリアンと言う訳ではないけど外せないのが
restaurantビストロ フレッシュ
裏横の代表選手的お店ですね。
ここはダンナに連れて行ってもらったお店。
席数が少ない上に人気店なので、予約必須です。っていうか、ここに挙げたお店はほぼ予約必須のお店ばかりですけどねsweat01

横浜は駅から少し離れた場所の方が良いお店が多いですhappy01

2009.11.10

Harmonie Noire

インゲボルグの冬のコレクションです。
実は初日の6日にショップへ顔を出したのですが、商品は持ち帰らなかったのです。
で、本日引き取り。

キャミソール丈短ワンピ(焦げ茶)これは年初から人気のキャミソールワンピの丈短バージョン。
チュニックブラウス合わせの丈ですね。
焦げ茶が出たので、迷わずゲット。
普通丈とどちらにしようか迷ったのですが、丈短は色が限定ということで、折角焦げ茶があるんだから…と丈短に。

キャミソールワンピ(グレー)これは通常丈のキャミソールワンピ。
これも新色のグレーです。
これはどちらかというとチュニックインナーと言うよりは積極的にワンピース着用としての購入です。
下にタートルインナーを合わせて、ロングアウターを合わせていたコーディが可愛くて、
「おnote良いかもheart04
と購入に踏切。
グレーだとインナーが黒や白で合わせられるので、冬のワードローブ的には困らないし。
…とは言え、ロングのアウターを持っていないんですよねsweat01
ユニクロ当たりでロングカーディを買うか?
多分、ロングカーディはそんなに長いこと着ないと思うので、安めのもので良いかなー、と思ったりしてます。

シャギーチェックストール&レースタートルカットソーこれは前回買ったシャギーチェックのストールです。(下に敷いているもの)
軽くて良いのですが、表地と裏地の違いが歴然なのが少々残念…think
ちなみにこのチェックは紺とベージュです。(赤が細いラインで入ってます)
何気に紺系チェックのスカートは2枚目だ。もう1枚はこれね。

あと一緒に写しているのが衝動買いのレースのタートルカットソー。
チュニックワンピの下に着るのに良いかな、と。
私にしては珍しく試着せずに買っちゃった。

フェアで買ったのはこの他、エルモザのブラウスとスカートを買いました。色はモーヴ。
どちらもお直し中。
エルモザは秋フェアの時に気になってはいたのですが、なんせブラウニッシュブーケプリントがツボ過ぎて、そちらまで手が回らず…。
でもその後ショップで見て、やっぱり良いなぁheart04と感じて、今更ながらの購入です。
ワンピースコートと迷ったのですが、ブラウス&スカートの方が活用できそうだったので、その組み合わせに。

フェアノベルティ 百合絵柄の皿で、無事ノベルティを2枚ゲット。
正直、ステキなんだけど使えないデザインのお皿だよなーsweat02
食器はシンプルなのが一番なのよ。
将来気が向いたら使うかな。

●本日の洋服●
黒・タートル半袖ニット(IB'99)、黒・ジップアップカーディガン(IB'99)、黒・ブラウニッシュブーケptティアードSK(IB'09)、黒・ブラウニッシュブーケptストール(IB'09)

2009.11.09

レスポートサック

来週、ちょっとばかり長旅をする予定なのですが、移動手段がすべて列車traintraintrain
荷物をコンパクトに持ち歩きたいので、少々小さめの旅行鞄が欲しいなと思い、昔から気になっていたレスポートサックを初めて買いました。
レスポートサックミディアムウィークエンダー(CONES)種類はミディアムウィークエンダー。柄はCONES(コーンズ)です。アイスクリームの柄。

レスポートサックと言えば、カラフルな柄。
結構気が向くと柄のチェックはしていたのですが、なかなか気に入るものが少なく、こんな切羽詰まった状況で買う羽目に…sweat02
デパートの店頭に並んでいるものはいまいちピンと来なくて、結局ネットで色々調べて、この柄が結構好きかもheart01と、注文しました。
ダンナには「可愛過ぎない?」と言われましたが、余計なお世話じゃannoy
この色と柄だとどちらかというと春〜夏向きのようにも感じるのですが、ま、気にしないsweat01

今回の旅は実質4泊なので、ミディアムウィークエンダーだと一般的には小さすぎる、と思われます。
女性の場合はみんなそんなに荷物持って行くの?
私は女にしては荷物少なめの部類に入るんじゃないかと思います。多分これで何とか入る。
しかも今回は旅館&ホテルで、寝間着とバスタオルが不要だし。
季節柄、気温変化が激しいので衣類の調節が難しそうですが、重ね着パターンをいくつか考えて荷造りしようと思います。

さて、レスポートサックの使い心地は如何にsign02

2009.11.08

「カーデザインの歴史—NISSAN 情熱と機能の美—」と「伊藤博文没後100年記念展」

珍しく湘南地域の展覧会に行ってきました。
平塚市美術館1つ目は平塚市美術館(左図)。きれいです。

平塚駅に降り立ったのは、神奈川ゆめ国体で平塚球場に高校野球を観に行って以来です。(古いっsweat02
目的は「カーデザインの歴史—NISSAN 情熱と機能の美—」。日産本社も横浜に移ったことですしね。(関係ない?sweat01

自動車のデザイン画を間近で見る事は今までなかったのですが、やっぱりデザイン画って美しいshine
ハイライト画などうっとりしてしまいます。
デザイン画が描かれている紙はワトソン紙やキャンソン紙など、絵を描いていた人間からするとちょっと懐かしいです。

個人的に大好きな↓マーチの4分の1スケール。
日産マーチ4分の1スケール 日産マーチ4分の1スケール

日産マーチ4分の1スケールマーチはカラフルなところが大好きです。
街で色んな色のマーチを見かけると何となく嬉しくなってしまいます。みんな色んな色のマーチにどんどん乗ってsign01

日産リーフ4分の1スケールこれは来年2010年に発売される予定の日産の電気自動車リーフの4分の1スケール。
現在、三菱自動車と富士重工から軽の電気自動車が発売されていますが、これは多分、軽じゃない筈。
走行しているビデオが流れていましたが、なかなか良い感じでした。
これもレンタカーで登場しないかなー。乗ってみたいっ。

今回の展示は、2階の展示室にデザイン画と電気自動車のコンセプトカーが展示され、1階に歴代の日産車の一部が展示されていました。
日産を代表する車と言えば、やっぱりフェアレディZとスカイラインGT-Rな訳ですが、デザイン画や歴代モデルの写真を見ても、この2車種は群を抜いてカッコ良い。
特にスカイラインGT-Rの32型。うん。
ワタシ世代的にはスカイラインって言ったらこれだよね、って感じ。
スポーツカーの売れない(受けない)時代になってしまったのは仕方ないけどちょっと悲しいね。
男の子が格好良さ・外見に価値を見いだして、それに夢中になる感覚って言うのは、女子には理解しがたい部分が大きいけど、大事なことなのかなぁ、なんて思ったりしました。

神奈川県立大磯城山公園次に向かったのが大磯にある県立大磯城山公園内の大磯町郷土資料館
30年くらい神奈川県民をやっていますが、大磯の駅に降り立ったのは初めてですsweat01
ロングビーチにも行ったことがないもんで。
普段は(多分)乗降客も少なく静かな駅なんでしょうけど、折しも行った日は湘南国際マラソンの開催日。大磯はゴール地点だったのかな?ものすごい混雑でした。
大磯駅からバスで15分くらいかな、城山公園前で下車して郷土資料館へ。
大磯町郷土資料館結構公園の奥まったところにあります。そして意外と立派coldsweats01
大磯は結構横穴式古墳が多いようで、出土品も多いみたいです。
私たちの目的は企画展の「伊藤博文没後100年記念展~滄浪閣の時代~」です。
特に伊藤博文に思い入れがある訳ではないのですが、金沢区にある別邸も改修工事が済んだようですし、神奈川に所縁のある人の展覧会を見ておいても良いかな、と足を伸ばしました。
ちなみに観覧料は無料。
伊藤博文が大磯町にこんなに密着していたことを初めて知りました。本籍まで移してたんですね。
暗殺時の衣服や弾丸なども展示され、なかなか興味深かったです。

2009.11.07

コスメデコルテのクリスマスコフレ

久しぶりにクリスマスコフレを買いました。前回買ったのって3年前ですもんねsweat01
本格的なクリスマスコフレシーズンには早いと思いますが、アイテム的にはしっかりパーティ仕様です。
コスメデコルテマジーデココフレⅢ買ったのはコスメデコルテのマジーデココフレIII(←ローマ数字の3の代用)。
赤のボックスがクリスマス気分を盛り上げますheart04

コスメデコルテマジーデココフレⅢ箱を開けるとこんな感じ。
左側がアイシャドーパレット(マジーデコシャドウブリリアンスCR)で、右がフェイスパウダー(マジーデコプレストパウダーCR)。
中央にフェイスブラシと巾着。
これで税抜き6500円。

コスメデコルテマジーデココフレⅢパレットを開くとこんな感じ。
アイシャドウは現在、手持ちのものがグリーン系とブルー系なので、ピンク&ブラウン系が欲しかったんです。なので、今回のコフレは渡りに船。
フェイスパウダーは薄いピンクで、ラメ&パール感がすごいです。
が、実は前回のものをまだ使い切っていませんsweat01
焦って最近使い始めていますsweat01
今回のフェイスパウダーを使い始めるのはいつになるやら…sweat02

コフレって可愛かったりきれいだったりでついつい買ってしまうのですが、リップ系以外は案外使い切るのが大変ですsweat02
過去のコフレもので使い切ったのはこれこれ
それでも結構使い切るのに時間が掛かりました。
若い時に比べると化粧直しをあまりしないのが要因かなcoldsweats01

===== 追記 =====

アイシャドーとフェイスパウダー、使ってみました。
アイシャドーのピンクは発色がすごく良いです。真ん中の色はラメ&パールが大粒で、華やかにしたい時の仕上げ用です。
フェイスパウダーもラメ&パールがしっかり効いてます。で、フェイスブラシがものすごく気持ち良いです。
やっぱりクリスマスコフレは華やかメイク用なので楽しいですねnote

2009.11.06

スタバのステンレスタンブラー

10月の3R推進月間の一環で八都県市のコーヒーショップで行われたマイボトルキャンペーン。
なかなかタンブラーを持って行くことをしてなかったのですが、キャンペーンも終わり近くの11月2日にようやく昔買ったタンブラーを持ってスターバックスに行きました。
私は普段、職場にはステンレスボトルを持って行っているのですが、それに比べるとプラスチックタンブラーは保温性が弱いdespair
やっぱりステンレス製の方が保温性が良いんだろうなー、と思ったのですが、スタバのHPを見てもステンレス製のタイプは可愛くない…。
どうしようかなー、と思っていたら、たかにゃから
「メタリックカラーの赤が出てるよ!」
との情報がshine

スターバックスステンレスタンブラー赤9日の月曜日に彼女とスタバに行く約束をしているのですが、今日、ちょっと時間が余ったのでスタバに行ったら、赤のステンレスタンブラーは残り3つsign01
思わず買ってしまいましたsweat01
グランデサイズのコンコルドタイプの赤です。
(購入・撮影店舗は横浜モアーズ店)

ステンレスタンブラーはステンレスボトルほどの強力な保温力はないですが、プラスチックタンブラーに比べれば全然保温性が良いです。
ブリングマイカップキャンペーンがクリスマスまで延長されたので、暫くはタンブラーを持ち歩こうと思いますshine

2009.11.04

ようやく衣替え

急激に寒くなって来たにもかかわらず、なかなか衣替えが出来てなかったのですが、ようやく本日、厚手のニット以外はほぼ出しました。
冬物を出す時に感じるのは、年々温暖化してるなー、ということ。
厚手ニットの出番が減ってますもんねsweat02
それでも私の職場は環境温度設定なので、冬場はそれなりの暖かい格好をしてないと寒いため、そこそこ厚手のものを着ますけど、他の屋内施設に遊びに行く時は若干薄手のものにしたりしますしね。

ところで、手持ちのカシミア&シルク混のリブタートルニットをクリーニングに出したのですが、以前利用していたクリーニング店より仕上がりが良かったです。
ニットをハンガーで保管するのはどうかと思うのですがthink、目立っていた毛玉が減った気がします。
毛玉取りをクリーニング店がしてくれた…なんてことないですよねsweat01
冬の間はヘビーローテのリブニット、ぼちぼちくたびれて来たかな〜なんて昨シーズンは思っていたのですが、まだまだ大丈夫そうですshine

2009.11.03

手作り家計簿ファイル

今まで家計簿をつけても、必ず途中で挫折している私。
挫折しながらも使っているのが「ぱぱっと家計簿」なのですが(でも既に1年以上放置)、ついにそれを使うのを諦め、自分で手作りしました。

当然使用ソフトはExcel。
↓こんな感じ。
手作り家計簿ファイル一応今年いっぱいは試行期間(笑)
財布の中に溜まっていた9月分からのレシートを入力して、当初のレイアウトから少しずつ修正を掛けています。
12月まで入力すれば、かなり修正を掛けられるかなー、と。

家計簿ソフトほど高機能ではありません。高機能すぎると逆に大変だったりもするので、手動部分も多いですcoldsweats01
クレジット払いや口座振替って、ソフトの設定で使うと面倒なんですもん。
結局最終的にはその金額が支払われる訳だから、すべて当月の支払総額として合算しちゃった方が楽だし判りやすいのではないかと。

現段階では1シートひと月。
年間集計や分類毎の比率、推移など統計データも欲しいとは思っていますが、この辺の機能はもう少し毎月の集計機能が固まってから作成しようかな、と思ってます。

さて、このファイルでちゃんと使い続けられるかsign02
年内に挫折することだけはないように頑張りますdash←ヲイヲイ

2009.11.02

紅玉りんごジャム

りんごジャム野田琺瑯NOMAKUを買ってから3度目のジャム作りですheart01
ちなみに最初に作ったジャムは梅酒の梅ジャム、2度目は普通の梅ジャム。どちらもブログには載せてません。

今回のジャムは紅玉のりんごジャムです。
NOMAKUを買ってから絶対作りたかったジャムです。
野田琺瑯のサイトにも紅玉りんごジャムのレシピは載っているのですが、砂糖を使わないため保存性がちょっと不安で、砂糖入りで作りました。
参考レシピはこちら

りんごジャム折角の紅玉なので、当然皮を入れて赤いりんごジャムにapple
今回はりんご1個半を使いました。
りんごの正味量は330gくらい。砂糖は100gです。あとレモン汁を4分の1個分。
ちゃんと赤くなってくれて大満足heart04

りんごジャム瓶詰め直後←これは詰めた直後。
ジャム瓶は東急ハンズで売っていた80ml用の瓶です。(ネットで調べると実際は100mlくらい入る瓶なのかな?)

瓶は市販のジャムが入っている瓶の方が可愛かったりするんですが、市販のジャムは甘すぎて食べるのが辛いんですsweat02りんごジャム完成
誰か空き瓶だけ恵んでsweat01
さて、粗熱も取れて完成→
明日の朝食にさっそく食べようdelicious
甘過ぎないと良いなnote

===== 追記 =====

今日食べた感想は、もうちょっと甘さ控えめで良かったなぁ、です。
りんごの酸味がない…。

2009.11.01

BDレコーダーがやって来た!—その2—

2週間前に買ったSONYのBDレコーダー
一応その後の使用感および先代の東芝のレコーダーとの比較をしてみます。
ちなみに比較対象の東芝のレコーダーはVARDIA RD-XD92Dとなりますので、現行の東芝機種ではないことをご了承ください。
また、SONYのレコーダーも我が家が買ったのはBDZ-X100で、既にSONYでは旧モデルとなっていますので、現在店頭では入手困難であることをご了承ください。
ではレビュー。

    club  club  club  club

まず一番に感じたのはテレビとレコーダーが同じメーカーであることの利点。リンク機能はすごいですよsign01
おそらくリンク機能については他メーカーも同様だと思うのですが、電源スイッチをバラバラに入れなくて済む。
SONYの場合はテレビのリモコンに「見る」というボタンがあるので、それを押せば自動的にテレビとレコーダーのスイッチが入る。これはすごく楽note
消す時も同様で、テレビの電源を切れば自動的にレコーダーの電源も切れる。便利shine
そしてBDZ-X100は起動速度がRD-XD92Dより速いsign01
レコーダーの設定で<高速起動>にしている、というのも要因ですがストレスを感じません。
(ちなみに高速起動は消費電力が上がりますsweat02

前回も書きましたが、RD-XD92DよりBDZ-X100はリモコンのレスポンスが速いです。
予約操作が非常にスムーズ。
予約した番組をどこに保存するかの指定も、これは一長一短なのですが、東芝は手動、SONYは自動。
つまり東芝は自分の好きなようにフォルダを作って、指定の場所に保存できるのですが、SONYは番組表のジャンル毎に自動的分別され、その中で番組名毎に分別されます。
東芝はサブフォルダを作る機能がある訳ではないので、階層は1階層。
SONYは逆に自動的にフォルダを作られてしまうため、階層はモノによっては3階層くらい深くなります。
好き嫌いはそれぞれですね。私はどっちも好きです。

SONYが良いな、と思ったのは録画画質を予約毎に細かく設定できること。
RD-XD92DではVRとTSの選択しかできなかったと思います。(これ以外の録画画質の設定をいじることはなかったですけどsweat01
東芝の方は確か大本の設定でVRモードの画質設定を変えると、変更後のすべての録画画質が変わるんじゃなかったかな、と思います。だから滅多にいじらない。
SONYのように予約毎に設定を変えられると、「この番組はとりあえず見たいだけだから画質低くても良いや」と思うものは画質が低く、HDの使用量も抑えられる、という訳ですね。

予約設定で東芝になくてSONYにあるのが「更新」機能。
毎回予約の番組などで、前回の録画したものを上書きするかどうかの設定です。
絶対次の放送までに録画したものを見て、保存の必要がない人にとっては便利な機能ですよね。
我が家では使ってませんcoldsweats01

あとSONYはCS録画予約の際に、チャンネル契約しているB-CASカードを挿入していないと、予約確定をしてくれません。
真っ暗画面が録画される心配はないってことですねcoldsweats01

その他の予約機能に関しては双方同じ機能を有していると思います。
とりあえず予約機能の比較だけで文章費やしてしまったので、その他の機能についてはまた後日。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ