« インゲボルグ2008年冬カタログ | トップページ | Moderne classique mixte »

2008.11.01

スキーウェア新調

8シーズン着たスキーウェア。
さすがにそろそろ買い替えようか、とダンナと一緒に神田へ行ってきました。
神田スポーツ祭りが開催されているので、さすがにスキーウェアの新作も入荷しているだろう、と。
買ったのはやっぱりヴィクトリア本店sweat01
なんだかんだ言って、品揃えが一番だしね。

私がスキーウェアに求めることは、可愛いデザインと便利な機能。
大体この2つの要素を満たすのはフェニックスなのですが、意外や意外、エレッセも侮れませんでした。
絶対譲れないのがチケットホルダーが付いていること。
あとジャケットの裏にゴーグルポケットがあること。(実際はフェイスマスクやネックウォーマーを入れてるんですが)
とにかく今回はエレッセのウェアが可愛くて、エレッセの中でとっかえひっかえ試着して、結局このウェアに決めました。
スキーウェアジャケット(茶)
エレッセのE-2036Wのチョコレート色です。サイズはS。
フードはフォックスファー付き。最近のスキーウェアはリアルファーが付いてるんですねsweat01
当然、フードもファーも取り外し可能。

スキーウェア内側
内側はヒートマックスという断熱保温素材が背中を覆い、最近のスキーウェアでは割と普通らしいスノーカフが付いてます。下から入って来る風を防ぐらしいですね。
あと襟の内側はボア素材になっていて、首周り、頰・顎に当たる部分もとても暖か。
そして何と言っても軽いsign03薄いsign03
最近ゲレンデで見る他人のウェアは確かに薄手っぽい人が多いなぁ、と思っていたのですが、8年前に比べるとスキーウェアは確実に薄くなっているんですね。
それでもきっと保温性は同じか上がっているんでしょうねぇ。
うーん、進歩しているなぁ…。

さて細かい機能を。
まずはジャケットの右内側。
ジャケット内側
丈夫にあるのはポケットティッシュ入れ。簡単にティッシュを取り出せるという代物。
スキー経験者は分かると思いますが、意外とスキーやってると鼻が出たりするんですよね。それ以外でもレンズの曇り留めを拭いたりとか、結構出番の多いポケットティッシュ。
その下にあるネットのポケットはゴーグルポケットです。
私はどんなに晴天でもサングラスを使わないので、ゴーグルをここに入れて滑ることはありませんが、前述のようにフェイスマスクやネックウォーマーを入れておくのに便利なのです。

ジャケット内側次にジャケットの左内側。
これはかなり前から当然のようにファスナー付きポケットが付いてます。
私が着ていたスキーウェアも付いてました。(ちなみにフェニックスね)
今回他のメーカーのウェアを見ても付いているものが多かったので、割と標準機能になっているようですね。
このポケットには携帯電話を入れたり、人によっては音楽プレーヤーを入れたり、ですね。

ジャケット左胸拡大ジャケットの表には、ウエストあたりに左右のポケットがある以外に、左胸にもポケットがあります。
場合によってはこっちに携帯電話を入れても良いのかな?
ファスナーチャームが大きいので、グローブをした手でも開けやすそうだし。

スキージャケット左腕
ジャケットの左腕には雪の結晶っぽい刺繍が入っています。
あとエレッセの「E」も筆記体でデザイン的に入ってます。
チケットホルダーはビニールをちゃんと生地が覆っているので、今のウェアより見栄えが良いです。
ビニールも柔らかいので腕の動きもスムーズだし。

ちなみに、写真で分かると思いますがこのジャケット、単なる無地の生地ではなく、シャドウ水玉模様なんです。
こういうところもポイント高いshine

そしてスキーパンツ。
スキーパンツ
E-2332WDのチョコレート色。無事Sサイズのままcoldsweats01
チェック柄のパンツです。柄パンツは初です。
そしてサスペンダーなしも初です。

後ろはこんな感じ。
スキーパンツ後ろ
後ろにもポケットが付いてます。
いざとなったらカイロを入れられる?coldsweats01
まぁ、入れないまでも、布が重なっているので寒さは和らぎますね。
それにしても驚いたのは、パンツの股上が浅い、ってことですね。
完全な腰履きです。
これでサスペンダーなしだし、スキーの最中にずり落ちないのか?という心配がよぎります。
が、そこはちゃーんと考えてあるんですよ。
スキーパンツ腰回り調節
白の部分はマジックテープになっていまして、右に見えるベロで腰回りの調節ができるんです。
(ちなみにheartマークの部分もマジックテープですが、ここまでベロを伸ばすことはないと思いますsweat02
試着した時に引っ張ってみましたが、良い感じに腰のところが締まり、ジャストフィットする感じでした。
滑って行くうちにどうなるかは未知数ですが、仮にも毎年スキーウェアを作っているメーカーのものな訳だし、大丈夫なんじゃないかと思っていますcoldsweats01

それにしてもベルト通しも付いてるんですねー。
実際にベルトする人はいないと思いますが、結構凝ってるなぁ…。

あと感動したのはこれ。
スキーパンツ内側
パンツの前の右内側に付いているネット上のポケット。
チャームポケットです。
何入れるかって?ナプキンですよ。これはありがたい。
ホントによく考えてあるなぁ。

スキーウェア上下
上下で合わせるとこんな感じ。
ちょっと地味に見えちゃいますかね。
インナーを明るい色にしようかなー。ユニクロでsweat01

« インゲボルグ2008年冬カタログ | トップページ | Moderne classique mixte »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30488/43001457

この記事へのトラックバック一覧です: スキーウェア新調:

« インゲボルグ2008年冬カタログ | トップページ | Moderne classique mixte »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ