« ダブルポイント | トップページ | 『少女コレクション序説』 »

2008.06.10

『功名が辻』

司馬遼太郎の『功名が辻』全4巻を読了しました。

『功名が辻』文春文庫司馬遼太郎氏の作品は『竜馬がゆく』に次いで2つ目の読了です。
どっちもドラマを見て(しかも上川隆也さんだよ、どっちも)の読書。
大河ドラマを見ていたので、ストーリーは知っていたのですが、ドラマと違う部分も多く、いろいろ比較して読み進めていきました。

この作品の面白さは、何と言っても平凡な武士が最終的には一国一城の主になることですね。
小説の方が脇役のサイドストーリーがないため、本当に千代と一豊が一心同体のような状態で立身出世していく感じで、山内家にグーッとのめり込めます。
司馬遼太郎の文章も相変わらず読みやすく、一気読みしてしまいます。

『竜馬がゆく』『功名が辻』と土佐所縁の話を読んでいるので、次に読む司馬作品も土佐がらみにしようかな、と思ってます。
長宗我部の話も書いてるみたいなので。

« ダブルポイント | トップページ | 『少女コレクション序説』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『功名が辻』:

« ダブルポイント | トップページ | 『少女コレクション序説』 »

フォト

最近のトラックバック