« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の5件の記事

2008.06.21

『少女コレクション序説』

タイトルに惹かれました。
もちろん澁澤龍彦です。

『少女コレクション序説』澁澤が娘としてかわいがっていた、四谷シモン作の少女人形が表紙と口絵を飾り、アヤシさ満点ですがその通りですcoldsweats01
なんたってエロティシズムに関してのエッセイ集ですから。

この本のための書き下ろしではなく、刊行済みの単行本からのセレクトエッセイ集のため、表題の「少女」というモチーフにのみ言及している訳ではないです。
それでも初出年が昭和39年から56年というから、ビックリです。全然文章が古びていません。

エッセイの中に既読の「驢馬の皮」のことや『世界悪女物語』で取り上げられた人物が出てくることも多く、その他ベルメールやピアズリーなど基本的知識として必要な人物・事柄が多いです。
つまり、全くヨーロッパ文化(文学・歴史を含む)に興味のない人がいきなり読んでも、本当の面白さは判りにくいのかな、と思います。
少なくとも耽美が好きじゃないとね。(でも澁澤を読む時点で既に耽美好きだよねsweat02

私は昔から近親相姦というモチーフが好きなのでsweat01、このエッセイ集の中でも「インセスト、わがユートピア」と「近親相姦、鏡の中の千年王国」の2編が面白かったです。
近親相姦と同性愛が絡まった三角関係って、昔のヨーロッパはすごい世界ですsweat02

閑話休題。
このエッセイ集の最後の「マンドラゴラについて」ですが、内容としては非常に興味深い、面白いものなのですが、このエッセイ集の中では少々異質に感じました。
マンドラゴラと聞いて思い浮かんだのは「のだめカンタービレ」で出てきたミュライユの「ラ・マンドラゴール」。オクレール先生が植物のかたちをしていたのは、まさにマンドラゴラだったんですね。
思わぬところで思わぬモチーフがつながっていくと感動します。

…こうして役に立たない知識がまた増えていくのね…coldsweats01

2008.06.10

『功名が辻』

司馬遼太郎の『功名が辻』全4巻を読了しました。

『功名が辻』文春文庫司馬遼太郎氏の作品は『竜馬がゆく』に次いで2つ目の読了です。
どっちもドラマを見て(しかも上川隆也さんだよ、どっちもcoldsweats01)の読書。
大河ドラマを見ていたので、ストーリーは知っていたのですが、ドラマと違う部分も多く、いろいろ比較して読み進めていきました。

この作品の面白さは、何と言っても平凡な武士が最終的には一国一城の主になることですね。
小説の方が脇役のサイドストーリーがないため、本当に千代と一豊が一心同体のような状態で立身出世していく感じで、山内家にグーッとのめり込めます。
司馬遼太郎の文章も相変わらず読みやすく、一気読みしてしまいます。

『竜馬がゆく』『功名が辻』と土佐所縁の話を読んでいるので、次に読む司馬作品も土佐がらみにしようかな、と思ってます。
長宗我部の話も書いてるみたいなので。

2008.06.07

ダブルポイント

昨日から月曜日までピンクハウスカードのダブルポイントフェアだったので、昨日庭園美術館へ行く前にショップへ行ってきました。

先月カルゼローンシリーズを含め4点買いしてしまったので、今回はギンガムチェックのティアードスカートのみにするつもりでした。
そう、そのつもりだったんです。
sign03こーんなものがあったんです。
カルゼローン五分袖ブラウス(黒)
カルゼローンシリーズの突発ブラウスのひとつ、五分袖タイプのブラウスです。

前回買ったノースリーブブラウスと合わせてブラウスアンサンブルにもなりますが、シルエット的には前ボタンを全部留めて普通のブラウスとして着た方がラインがきれいです。
ものすご〜く悩んだんですが、結局買ってしまいましたsweat01

前述の通り、私はブラウスアンサンブルで着るつもりがなかったので白でも良いかな、と思い、白のブラウスも試着しました。
やっぱり白の方が何にでも合わせられるし、レースやピコフリルも映えるのですが、なんせ最近のインゲボルグの綿ローンは非常に薄いんです。
そう、白だとインナーの透けが気になっちゃうんですね。
勿論、インナーの色を工夫すれば大丈夫と言えば大丈夫なのですが、今回は折角カルゼローン生地で黒を買っているのでこのブラウスも同じ黒にした方が良いかな、と黒にしました。

ちなみにこの五分袖ブラウスは一応カルゼローンシリーズの全色を作るらしいのですが、白と黒以外はほとんど商品が上がってきてないらしいです。
突発とは言え、なんだかなーsweat02
あ、でも突発じゃないジャケット&スカートも、追加納品が大幅に遅れていますからねー。
おかげでスカートはいまだに手元になし…。
ま、良いんですけどぉthink

ちなみにギンガムチェックシリーズは勿論茶色のティアードを買いました。
ウエストと丈のお直しで手元にありませんが。
茶色のギンガムチェックは嬉しいのですが、何となくエレガンスギンガムのデザインの方が素敵な気がしました。
うーん、あの時やっぱり買えば良かったかなー。

この日は前回客注で買った白の筒袖ブラウスも引き取りました。
筒袖綿ローンブラウス(白)
販売員さんが着ているのを見て、
「こっちの方が良いじゃんnote
と、探してもらったものです。
白の9号サイズは全国で最後の1点でした。(他の色やサイズは不明)
ま、今年の1月商品だったそうですから当然と言えば当然でしょうね。
しかも人知れず店頭に並んでいたそうで(笑)、知られていない商品だったようです。
私も1月は買わなかったもんなー。

夏カタログの商品は今月分まで。
ただ秋カタログの配布は来月になりそうだということで、秋物商品はカタログより前に店頭でお目にかかりそうですね。
ちなみに知る人ぞ知る秋に出るくちなしプリントシリーズはフェア商品ではなく8月商品だそうです。
この分じゃ、またフェア商品をスルーする可能性が高いですsad

2008.06.06

「オールドノリタケと懐かしの洋食器」と「薔薇空間」

最近すっかり定番となっている展覧会のはしご。
本日もやってしまいました。

まず行ったのは庭園美術館
「オールドノリタケと懐かしの洋食器」展会期終了間近の「オールドノリタケと懐かしの洋食器」展です。
単純に明治以降の洋食器の変遷が判って楽しかったです。
先日見に行った歴史博物館の「横浜・東京−明治の輸出陶磁器」展とリンクしていて、両方行っておいて非常によかったです。
横浜で製造された陶磁器は、絵画的な絵柄が多いんです。これは歴史博物館の展示を見ていると判るので、今回の展示でも絵画的な絵柄の陶器を見ると「お、これは横浜製では?」と思うと当たりなんです。
ちょっと優越感happy01

庭園美術館の展覧会は毎回混んでいる印象がありますが、今回は予想外に空いていました。
同じ食器関係でもアールデコだとすごく混む気がするのですが、日本の食器だとみんな興味なし?

今回の展示にはほとんど「守屋コレクション」という出展者の名前が書かれていて、「どんな人なんだろう」と思っていたら、普通の主婦の方が趣味と研究から発したコレクションだそうでビックリ。
しかも今回の出展数はコレクションの1割程度だというからますますビックリです。
大学でラスター彩の研究をしていらっしゃるそうです。
「ラスター彩」という技法の名前は初めて知りましたが、ラスター彩の食器は見ればすぐに
「ああ!懐かしい。あった、あった、こういう食器」
というくらいポピュラーなものです。
最近の食器には少なくなってきましたが、30歳以上くらいの人だと昔、家にあった食器の中にラスター彩技法の陶器(特にカップ&ソーサーとかケーキ皿)はあったのではないかと思います。ウチの実家にもありましたhappy01

次に向かったのはBunkamuraザ・ミュージアム
余談ですが、山手線の渋谷駅を久しぶりに利用して、北口改札へ向かう階段の位置が変わっていることに初めて気付きました。いつから変わったの?coldsweats01
さて、「薔薇空間」展。
「薔薇空間」展
こっちも会期終了間近。(だから焦って2つの展覧会をはしごする羽目になった訳ですsweat01
とは言え、こちらも割と空いてました。
会場には薔薇の香りを漂わせ、まさに薔薇空間を作り出していました。この辺がさすがBunkamura!
薔薇のボタニカル・アートということで、お客さんは95%くらいが女性。
画家のルドゥーテが18世紀〜19世紀初めの人なので、描いている薔薇は現存していないものもあるのですが、理想を言えば実際の薔薇の写真を説明文のところにでも小さく付けてくれると、それはそれで楽しかった気がしますね。
とは言え、繊細に微細に描かれた薔薇の絵はどれも美しく素敵でした。
インゲボルグ・ピンクハウス好きな者にとっては、
「ああ、こういうプリントの服が欲しいぞheart02
と思ってしまうことしきり。

とゆーことで、図録も買ってしまいました。
「薔薇空間」図録
図録には薔薇の系譜についてや写真と絵を並べた解説もあり、非常に有意義です。
買って良かったhappy02

●本日の洋服●
ベージュノースリーブカットソー(IB'05)、茶総レースフレアSK(IB'05)、白綿ローン使い五分袖カットソーカーディガン(PH'04)

2008.06.03

衣替え

夏物衣料を殆ど出しました。

毎回、毎回、衣替えの度に思うことですが、私って洋服あり過ぎ…sweat02
買っている服に対して、捨てている服が少ないので当然と言えば当然。
手持ち服で著しく流行遅れのものはないのが原因かなー。
インゲボルグの服は割と流行に左右されないデザインが多いとは思いますが、それでも少しずつ古くなって行くものはあります。
特に顕著なのがジャケット。
これはさすがに数年前、着ている自分を鏡で見て「これはないよねdown」と諦めをつけ、オークションで売りました。
ブラウスもビミョーに昔のは古くさくなります。特にスリーブのゆったりしているものは。
ニットも昔の方が身ごろやスリーブがゆったりめなので、デザインによってはかなり野暮ったくなります。
ブラウスとニットはさすがにリサイクルに出せるような状態のものが少ないので、殆ど捨ててしまいました。
一番捨てられないのがスカート。
特にプリントのスカートは、生地が傷んできてもプリントが勿体なくて捨てられないんですね。
皆さん、どうしているのでしょうか?

ちなみに「そんなに服があるなら、買わなければ?」という指摘もあろうかと思いますが、それが出来るくらいなら苦労はしてないのですshock

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ