« 末廣亭 | トップページ | 『相棒−劇場版−』 »

2008.05.12

『星から来た船』

『星から来た船』上巻図書館から読書のリハビリ用に借りて来た本が新井素子の『星から来た船』上中下。
『星へ行く船』の番外編で、田崎麻子さんの一人称小説になっています。
本編主人公の森村あゆみちゃん以外は登場人物全員が出てきます。(うーん、ご都合主義)

新井素子の小説は久しぶりに読みましたが、うーん、きっつい

まず田崎麻子さんの所長(水沢さん)に対するのろけと贔屓目っぷりが常軌を逸している。
雑誌『コバルト』の読者層ってやっぱり中学生くらいでしょうかねぇ。それくらいの年齢層なら違和感ないのかなー。
恋人に対してこれだけ盲目的な女性って、正直鬱陶しいし、あり得ない、と思ってしまうんですよね。
しかも結婚を考えているんだから、もう少し冷静に彼氏のことを観察できても良いのではないかと。

次に月村真樹子さん。この人の常識はずれっぷりがこれまた苛つく。
今回、真樹子さんの出生のことが明らかになるのだけど、それにしたってこの言動はないだろう!と、ずーっと読みながら感じ続けているので、当然感情移入はゼロ。
途中で麻子さんと真樹子さんは別々のタイミングでお互いに「こういう女性って好き!」と感じてしまうんだけど、それが嘘くさーいっ、と思わずにはいられない。
私はどちらの女性ともお友達にはなりたくないです

ストーリーとしては「星へ行く船」シリーズらしい、事件は起きるけど本当の悪人はいない、というパターン。
ご都合主義の極みで大団円になる展開には、呆れながらも構成としてはしっかりしているのかな、と思います。
ただ、世の中そんなに人の良い人ばかりで構成されていないよ、と思ったりはするのですが、まぁこれもこの小説の味なのかなー、と思ったりして。
表紙の竹宮恵子さんのイラストはとても可愛らしく素敵です。それがこのシリーズの救い(ヲイっ
対象年齢は小学生高学年〜中学生くらいでしょうか。
二十歳以上の人には暇つぶし用に話のネタとして…という風にしか薦められません。

« 末廣亭 | トップページ | 『相棒−劇場版−』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『星から来た船』:

« 末廣亭 | トップページ | 『相棒−劇場版−』 »

フォト

最近のトラックバック