« 谷山浩子創業35周年記念コンサート | トップページ | 気が付いたら… »

2008.03.03

少女マンガパワー!

現在川崎市民ミュージアムで開催されている「少女マンガパワー!」展へ昨日(コンサートの前に)行ってきました。

「少女マンガパワー!」展ポスター 水野英子「ハニーハニーのすてきな冒険」少女マンガ好きとしては行っておかなければ行けない展示でしょう!

この展示は、北米9カ所を巡回展示した内容を日本用に少し変えて展示したものだそうです。
展示の企画が海外出発というのが驚かされます。
内容としては、少女マンガの歴史をそれぞれ影響力の大きかった作家をピックアップして追って行く、というもの。
出展作家は、手塚治虫、わたなべまさこ、松本零士、石ノ森章太郎、ちばてつや、水野英子、牧美也子、里中満智子、一条ゆかり、池田理代子、美内すずえ、竹宮惠子、山岸凉子、萩尾望都、陸奥A子、くらもちふさこ、 岩館真理子、佐藤史生、吉田秋生、岡野玲子、CLAMP、今市子、よしながふみ、という錚々たるメンバー。
作品を読んだことのない作家もいますが、名前はみんな知っています。

これだけの漫画家さんの原画を一気に見れることはないので、圧倒されます。
そして原画はやっぱりきれい…。
今はマンガ界もすっかりデジタルの波が押し寄せていますが、今回展示している作品はアナログ作成のものばかり。
人間の手に寄る作品の素晴らしさがひしひしと伝わりました。

昨今、マンガは日本を代表する文化として何かと注目を浴びていますが、その注目を浴びているマンガは殆どが少年・青年マンガ。
純粋な少女マンガってやっぱり知名度が低いというか、クオリティの高さの割りにヒットしない、というのが少女マンガ好きからすると納得いかないんですよね。
そのような中、このような企画が海外から発信されて、巡回展示されるのは非常に嬉しいことですね。

展示会図録ちょっとした画集気分で見れるので、買ってしまった展示会の図録。
出展作家へのインタビューも載っていて1500円はかなり安いのではないかと思います。

ビバ!少女マンガ!
少女マンガ好きの人は是非展示会へ足を運んでみてください!
今後の予定では、新潟市の新津美術館、京都市の京都国際マンガミュージアム、高知市の横山隆一記念まんが館で巡回されます。
お薦めですsign03

« 谷山浩子創業35周年記念コンサート | トップページ | 気が付いたら… »

お出掛け」カテゴリの記事

コメント

以前に同じ話をしたことがあるような気がしますが…coldsweats01

中学生から高校生の頃の2大勢力が【キャンディ♥キャンディ】と【はいからさんが通る】でして
この2作はストーリーもしっかりしていて、今でもなんとなく大まかな流れは覚えているなー

何故か、どちらも第一次世界大戦がキーワードで

あと、あまりにも有名なベルサイユのバラとか

少女マンガって、ストーリーがしっかりしていてコミック本全冊揃えずにおれないというイメージがあります

シルクはん、まいどです。

「キャンディ♥キャンディ」と「はいからさんが通る」は確かに2大勢力的なマンガですね。
私は小学生でしたが…bleah

そういえば確かにどちらも第一次世界大戦。

第二次世界大戦が絡むのは
水上澄子「銀色のリフレイン」他
森川久美「南京路に花吹雪」←どちらかというと日中戦争?
木原敏江の「摩利と新吾」もラストは第二次世界大戦だったかな?

そう考えると、物語の中に戦争が入ることって、少女マンガには多いですねー。

こんにちは♪初めまして

遊びに来ちゃいましたhappy02
ざっと過去のブログ読んでみて「ん?実は同じくらいの年代?」と思いました。
私はキラキラshineでラブリーな絵が好きなので昔のお姫様ものや巻き髪を読んでたらいつの間にかヴィンテージ本にはしってしましましたsoonでも、年代的には萩岩睦美、太刀掛秀子、牧村さん、志摩さん世代ですsign03RICCOさんは結構少年アニメなども詳しそうですね。

マンガ仲間が増えるのはうれしいな~noteまた、遊びにきてくださいねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30488/40362271

この記事へのトラックバック一覧です: 少女マンガパワー!:

» Shojo Manga!Girl Power! [たかにゃのいつもよりピンクハウス気分]
今日はRICCOO姉様とお出かけです。かなり濃いメニューですよ。 午後1時に武蔵小杉で待ち合わせて 川崎市民ミュージアム へ。お目当ては健在開催中の企画展「少女マンガパワー!−つよく・やさしく・うつくしく−」です。 手塚から現在のCLAMPまで、少...... [続きを読む]

« 谷山浩子創業35周年記念コンサート | トップページ | 気が付いたら… »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ