« iTSでオフコース | トップページ | アニメ夜話「時をかける少女」と時間SF »

2007.06.30

『クロノス・ジョウンターの伝説』

1年くらい前に買って放置プレイだった梶尾真治さまの本『クロノス・ジョウンターの伝説』読了。
ま、買った本の放置プレイは日常茶飯事。

『クロノス・ジョウンターの伝説』さて、『クロノス・ジョウンターの伝説』は、梶尾さんが得意とする時間SFの中編集です。
とあるメーカーが作成した過去へ物質を射出する機械「クロノス・ジョウンター」によって過去に跳んだ人たちの物語です。基本はラブストーリー。
数あるタイムマシンの設定と違うのは、過去に跳ぶと一定時間で未来へ引き戻され、しかもその引き戻される時間帯は過去に跳んだ時点よりもかなり未来になってしまう、ということ。
この代償は、簡単に過去に跳ぼうという気を失せさせるに充分な代物な訳ですが、主人公3人はあっさり跳ぶことを選びます。
理性より感情。
この辺がすごい。
その思いの強さに天晴です。

純愛ドラマがお好きな方にはお薦めっ!

ちなみにタイムマシンの名前の由来は、クロノスはギリシャ神話の時間の神の名前。ジョウンターは『虎よ!虎よ!』の“ジョウント”という動詞にerを付けたもの。
文中にもありますが、『火星人ゴーホーム』の“クイム”と同義語と言っていい“ジョウント”という単語。
このあたりのくだりがきっちり古典SFを読んでいる者にはニヤリとさせられるところです。
(ちなみ私『虎よ!虎よ!』は途中まで読んで放置状態。読了せねば☆)
ロバート・F・ヤングの「たんぽぽ娘」が出てくるのも良いですね♪
そして「たんぽぽ娘」も収録短編集を買ったは良いけど読んでいない代物…。ちなみにその収録短編集は7〜8年前に神田の古本屋で1200円もした貴重本(^^;)。読まなくっちゃね。

« iTSでオフコース | トップページ | アニメ夜話「時をかける少女」と時間SF »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30488/15602312

この記事へのトラックバック一覧です: 『クロノス・ジョウンターの伝説』:

» タイムマシン [映画や本を淡々と語る]
時間旅行等概念を初めて想像したH.Gウエルズの普及の名作「タイムマシン」の現代的解釈での映画化。 [続きを読む]

» クロノス [いま話題のエンターテイメントとは?]
クロノス プロフィール検索 動画検索 画像検索 [続きを読む]

« iTSでオフコース | トップページ | アニメ夜話「時をかける少女」と時間SF »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ