« 「時をかける少女」 | トップページ | くちなし尽くし »

2006.10.19

もうすぐ特招会

プランタン恒例の秋の特別ご招待会がもうすぐあります。
担当さまからご案内のDMとメールをいただいたので、本日下見に行ってきました。

とりあえず最初に見たかったのは、ショップ限定のチェックのキルトスカート&ストール。(まぁ、ストールはサンプル展示で見ているのですが。)
色展開は焦げ茶とベージュ、と聞いていましたが、実際は焦げ茶とグリーンでした。
焦げ茶は茶色と黒のチェック、グリーンは深緑と紺色のチェックです。
キルトスカートは生地が薄いため(でもウール100%)珍しく裏地付き。前と後ろの中央にはプリーツが入っていないキルトスカートです。
この生地がすごく柔らかくて軽くて良い生地なんです。

試着させてもらい、特招会当日だと混んでいるだろうから、今日お直しサイズを確認してもらって、当日支払いを済ませたら即お直しに出してもらえるようにしました(^^)v。
Sサイズですが、ウエスト2cm詰め。丈詰めは折り返し部分ひと折くらい。

とりあえずこのキルトスカートとストールは購入予定で決定。

その他ちょっとこの前から気になっていたのがモノトーンチェック(秋カタログP.14)のひざ下丈スカート。
白より黒の方が活用度が高いだろう、と、とりあえず試着させてもらいました。
ひざ下丈スカートは、裾がきっちりドレープを打つようにバイアステープを裏打ちさせてあり、裾の広がり具合がすごくきれいなシルエットのスカートです。
惜しむらくは…私の身長がもう少し高ければ理想通りの着こなしが出来るのにぃ、と鏡を見て実感しました。
その美しいシルエットを活かすには、私にはスカートの丈が長過ぎるんですね。
一瞬、丈詰めして着ようかとも思ったのですが、黒地のスカートは去年買っているし、と逸る気持ちを抑えてここは「我慢します…」と購入を断念しました。

ここで、特招会での購入予定は先ほどのキルトスカート&ストールと、本日入荷の生成りのウールカットソーにしよう、とほぼ決まりかけていました。

その時、ふと「薄手の茶系の羽織ものが欲しいんだよなー」と思い、ショップの中で目が止まったのがスキニーオルフェーのジャケット(秋カタログP.7)。
店頭にはベージュのLサイズと焦げ茶のMサイズのみしかなく、とりあえず焦げ茶のMサイズを試着しました。

実は私、前立てフリルのジャケットって1枚も持っていません。
今まで「甘すぎる」「華やかすぎる」と敬遠していたのですが、このスキニーオルフェーのジャケットは意外とクールな印象を受けるジャケットでした。
多分、フリルが襟までつながっていないで、襟はきっちりとシャツカラーのようなタイプなので、前立てフリルジャケット特有の甘さが抑えられているように思います。
そして、やっぱりウエストシェイプしたデザインがステキなんです。
おまけに今日着ていたアマレッタのエスカルゴスカートのベージュと非常にマッチしてくれちゃって!
このアマレッタのスカートはお気に入りなのですが、合わせるトップスが難しく、去年も一昨年も羽織りものには苦労したんです。
スキニーオルフェーとは素材感も色もバッチリ合ってくれちゃって、何気なく試着しただけなのですが「やばい!」って状況になってしまいました。

去年のベルベットブルゾン同様に、ものすごーく悩んだ末に、カットソーを今回はやめて、スキニーオルフェーのジャケットを購入することにしてしまいました。(ああ、ダメ人間…)
ちなみにMサイズでもそれほど大きいと感じた訳ではなかったのですが、迷いながら何回か試着している内に「やっぱりSサイズで…」と感じ、取り寄せてもらうことになりました。

それにしても、去年・今年とさんざん迷った挙げ句に結局ブルゾンジャケットを購入しちゃっているのね(^^;)。
でも最近、きっちりしたジャケットよりもブルゾンジャケットの方が気軽に着られて良いんですよね。

●本日の洋服●
ベージュ・アマレッタ使い七分袖カットソー(IB'04)、ベージュ・アマレッタエスカルゴSK(IB'04)、焦げ茶革リボンベルト(IB'06)、Gジャン(リーバイス)

« 「時をかける少女」 | トップページ | くちなし尽くし »

INGEBORG」カテゴリの記事

コメント

今日、私は横浜ランドマークに行ってきましたよ。気が付いたらRICCOがあきらめたモノトーンチェックのスカートを買うことに…
しかも白の方の短丈の方です!!(びっくりでしょ)ロングの黒も試着したけど、白のこっちの方が可愛くてなんだかしっくり。
I姉さまはお休みで、Hさんと相談した結果、来月のフェアのスカート&ストールをやめてこっちにしたの。
はぁ~、私も相変わらずダメ人間だよ。

ええーっ?!
たかにゃんがひざ下丈の白のスカート?!
ビックリです。

でもモノトーンチェックのツイード生地は良い生地だよね。ふわっとした柔らかさと暖かさがあって。
しかもひざ下丈のシルエットは絶妙の美しさだと思うの。
色が茶色×白だったら、きっと買ってたと思う(^^;)。
ストールもお揃い?

来月のミックスチェックフラワーよりは、絶対良いと思うよ。生地が軽いから。

こんにちは、RICCOさん。


私も特招会の下見に行ってRICCOさんと同じようにキルトスカートを買うか、モノトーンチェックのひざ下丈スカートを買うかすごく悩みました。

最初は、キルトスカートの軽さに引かれてこちらを買おうかと思ったんですが、試着したらモノトーンチェックの裾のシルエットにやられてしまい、こちらに決めました。

私の場合、その日は春カタログP15?に載っていたピンクのカーディガンの色違い、白いニットに黒に白混のツイードテープが縁取りになっている物を着ていたのですが、これが黒のモノトーンチェックにすごくしっくりきたのもポイント高かったです。

RICCOさんの書き込み読んで、同じようなことってあるんだな、と驚きました(笑)

今日、品物を引き取りに行きましたが、たかにゃんさんの書き込みを読んで、やっぱりストールも欲しくなり追加で連れて帰ってしまいました。

先月、カシミア混ツイードのスーツとフランスレースのブラウス買って赤字なのに・・・。

私もダメダメです~。

kemさん、お久しぶりです(^^)/。

なんだかすっごい偶然な出来事ですねー。
kemさんとは好みが似てるのかしら?
モノトーンチェックのスカートは今日の特招会でも人気で、試着されている人、購入されている人が多かったですね。

チェックのキルトスカートは大人気!と担当さんは言っていましたが、実際に買っている人は私以外では一人しか見ませんでしたー。

kemさんもインゲマジックに掛かって予算オーバーですか(^^;)。
来月のフェアが怖いですね☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30488/12346269

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ特招会:

« 「時をかける少女」 | トップページ | くちなし尽くし »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ