« カラーバトン | トップページ | 縮んだ »

2006.10.28

赤系のスカート

既にコーディネート例で登場のスカートが再登場。
単純に好きなスカートなんですね、この2枚。

コーディネート写真秋冬になると増える赤系のスカート。

ボルドー色は特に好きな色な上に、このプリントはかなりツボだったので、即決だったスカートです。
Aラインとフレアの中間のようなスカートですが、裾のドレープがきれいなデザインになっていて、お気に入りです。

トップスのベージュのブルゾンは本来ラビットファーが付いているのですが、今年の秋は暑いのでまだ付けられません(^^;)。
このベージュのブルゾンは赤のボトムと相性が良いので、去年から赤系のスカートをよく合わせています。
ストレッチも効いていて、着心地が良いので大好きなアウターのひとつです。
コスモスのコサージュがあれば合わせたいところ☆

インナーはウールのレースカットソー。
八分袖のカットソーながら、ウール混紡率が高いので暖かいです。
デザインもシンプルで色がオフ白のため、秋冬のコーディでは大活躍のアイテムです。

コーディネート写真私には珍しいティアードスカートですが、この赤系チェックのティアードはカタログで見た時からお気に入りです。
綿素材で裏地なしなので、ぼちぼちペチコートを着用しなければぁ、って感じなのですが、しっかりしたペチコートは好きじゃないので(^^;)、ポリのタイトな白ペチコートもしくは焦げ茶のレースペチコートを履きます。

トップスのデニムジャケットは本来襟にラビットファーが付いているもの。
まだファーは付けられないので、シンプルなデニムジャケットとして着ています。
スカートが赤と紺のチェックなので、デニムジャケットは非常に相性が良いです。
テーラードのシルエットも細身できれいなので、お気に入りのジャケットのひとつです。

インナーの白のブラウスは2003年のオーダーブラウス。
綿ローン・ピコフリルの七分袖デザインのものです。
理想はフランスレース使いで七分袖だったのですが、そういうデザインパターンはなくて、七分袖のデザインが気に入ったというだけで、このブラウスをオーダーしました。
このオーダーブラウス企画の時にもう一枚、ブラウスをオーダーしたのですが、着用回数としてはこっちの方が多いんじゃないかと思います。
お気に入りのブラウスですが、上にジャケットを羽織る時は袖口の広がりとリボンが邪魔でちょっと着にくいのが難点(^^;)。

« カラーバトン | トップページ | 縮んだ »

ワードローブ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤系のスカート:

« カラーバトン | トップページ | 縮んだ »

フォト

最近のトラックバック