« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の10件の記事

2006.05.17

貰っちゃった♪

コスメボックス化粧品店で2つも非売品アイテムをいただいてしまいました(^^)v。
ひとつめはこの赤いメイクボックス。

いやー、これをいただいてしまったのにはちょっとしたわがままでした(^^;)。
私が愛用しているアルビオンのEXAGE(エクサージュ)シリーズが去年リニューアルして、ボトルのサイズがスリムになったんです。
スリムになったのは良いのですが、容量は勿論変わらないので当然ボトルの高さが高くなったんですね。
で!そこで問題発生。
私のメイクボックスにエクサージュの乳液ボトルが入らなくなってしまったんです。
冬用乳液はそれでも我慢して使っていたのですが、メイクボックスに入らないという不便さを痛感した私は「メイクボックスに入る乳液ってないかなー」と店頭でのたまった訳です。
アルビオンの姉妹品としてはイグニスシリーズがありますが、イグニスのハーブの香りが乳液で使うにはちょっと苦手な私。
「う〜、我慢してイグニス使うしか手はないかしらー?(. .;)」とつぶやいたところ、店員さんが「これならエクサージュの乳液入るかしらー?」と出してきてくれたのがこのメイクボックス。
メイクボックスええ、ええ、もちろん非売品です。
ザ・ギンザのものなので、おそらく資生堂愛用者向けの記念品の残りか何かではないかと思われます。
資生堂商品なんてここ数年買ってもいないのに、エクサージュの乳液が入ったばかりにちゃっかりいただいてしまいました(^^;)。

メイクボックスの中と同じプリントの巾着が付いていて、ふたの裏にはファスナー付きネットが付いていて、ネットの中にはポケットが付いています。
最初対応してくれた資生堂からの派遣美容部員さんも「私も使っているんですけど、使いやすいですよー」と絶賛。
こういう赤色のバニティ式メイクボックスって珍しいし、何と言ってもロハだし、と素直に嬉しいです。
今使っている木製のメイクボックスは大学4年くらいの時に東急ハンズで買った年代物。
そろそろ変えても良いよねー。

アルビオン50周年記念品 アルビオン50周年記念品
もうひとつのいただき物はこのミラー。
アルビオンの50周年記念の品です。
これは私がアルビオン愛用者なので、事前にプレゼントのハガキ連絡をいただいていたもの。
なかなかショップへ足を運べなかったので、もうなくなっちゃったかなー、と思っていたらちゃんとありました(^^)。
紫の布ケース付きで、大きさは7cm×9cmのコンパクトミラーです。
アルビオン50周年記念品
アルビオンからは何度か記念品をいただいていますが、割と良い物を毎回いただいています。
私が普段メイクの時に使っている大きいミラーもアルビオンの記念品だし。

行きつけのお店だと、結構わがままを聞き入れてもらえたりするのが良いですよね(^^;)。

夏用化粧品

以前買った夏用化粧品が底を尽き始めたので、久しぶりに馴染みの化粧品店へ行ってきました。

夏用化粧品三点買ったのは左からTWANYエスティチュードエッセンスファンデーションUV、EXAGE WHITEホワイトニングミルク2、TWANYマイクアップベースUV。
トワニーもエクサージュもリニューアルしたので、この三点はどれも初購入の物です。(シリーズラインは変わっていないのですが。)

エッセンスファンデーションは今までのクリアモイストファンデーションよりもカバー力が少々弱いのですが、その分皮脂に崩れにくくなっているみたいです。タッチとしてはクリアモイストの方が好みだったのですが、なくなってしまったのでしょうがないです。
SPF値が高くなっているので(SPF27PA++)、夏用の機能が高まったという感じでしょうか。
部分的に重ね付けすればカバー力は補えるので、とりあえずはこれで良し、として購入しました。

今までのクリアモイストは瓶に入っていましたが、今度のエッセンスファンデーションはディスペンサー式。使い勝手としてはこっちの方が良いのかなぁ?
私は瓶からスパチュラで適量を取る方が好きなんですけど…。

今回は折角ファンデーションを試してみたので、ついでにもう少しカバー力のあるファンデーションを…、とEleganceのフェアベールファンデーションを付けてもらいました。
私の肌色との相性はTWANYのオークル-CよりもEleganceのNA202(だったかな?)の方が馴染みました。
付けた感じもとてもきれいで、TWANYとどっちにしようか迷ったのですが、Eleganceのファンデーションはオールシーズン用なので紫外線カットや汗による化粧崩れ防止の機能がないんですねー。
とりあえず今日は夏用を優先しよう、と買わずに帰ってきましたが、春秋用みたいな使い方を考えているので、秋口に買ってしまうかも、です。

メイクアップベースは冬用のメイクアップベース同様チューブ式になりました。
SPFも25になり、紫外線カット力がアップ。
TWANYのメイクアップベースはとても好きなので、引き続きそのまま愛用しています(^^)。

●本日の洋服●
白綿ローン七分袖オーダーBL(IB'03)、ピンク・バラとすずらんptティアードSK(IB'06)、白綿麻混テーラードコート(IB'02)

2006.05.15

『未来(あした)のおもいで』

引き続き、梶尾真治さんの本を読みました。
『ヤミナベ・ポリスのミイラ男』を買う際に本屋に並んでいたので、梶尾ファンを自負する私としては買っておかねば、と迷わず購入。

『未来のおもいで』『ヤミナベ・ポリスのミイラ男』を読んだ直後に読む作品じゃないですね(^^;)。せめて順番を逆にするべきでした。(いや、清々しい読後感を壊さないためにはこの順序で良いのか?)

梶尾さんお得意の時間SFです。当然リリシズムっ!
偶然白鳥山で出会った滝水浩一(たきみずこういち)と沙穂流(さほる)は、実は27年もの時を隔てた者同士だった、という切ない設定で物語は進行して行きます。
物語の舞台である2006年(偶然にも今年ですね)は既に通信手段としては電子化が進んでいる訳ですが、27年後はもっと進んでいる訳です。
それにも関わらず、二人のやりとりが「手紙」という古典的な手段であるのが、またなんとも抒情的。
書簡小説という訳ではありませんが、二人の手紙のやり取りが切なく、微笑ましく、ときめきがありあます。

ラストは予想できてしまったのですが(^^;)、気持ちの良い読後感を味わいたい方にはお薦めです。

2006.05.13

『ヤミナベ・ポリスのミイラ男』

絶版状態になっていた梶尾真治さんの『ヤミナベ・ポリスのミイラ男』が光文社から復刊した、という情報を得たのは4月の上旬。復刊ドットコムからのメールでした。

そしてようやく遅ればせながら、本屋に足を運び、買ってきました。
『ヤミナベ・ポリスのミイラ男』「梶尾真治」と言えば、最近では『黄泉がえり』で一躍有名作家の仲間入りを世間的にしましたが、SF界ではむちゃくちゃファンの多い作家の一人です。
このタイトルから想像できるかと思いますが、梶尾さん得意のハチャメチャSFコメディーでございます。

 全宇宙のスーパー・ヒーローが集結した「超人サミット」会場が、爆弾テロに襲われた!
 奇跡的に生き残ったのは、アルバイト青年の脳のみ。バラバラになった48超人のパーツがツギハギされ、ここに気弱な最強ヒーロー・怪傑ミイラ男が誕生した!

          ー文庫裏表紙紹介文よりー

いや〜、何と言いますか…、本を読みながら声を立てて笑ってしまうのって、私、梶尾さんの作品以外で経験ありません。
昔ながらのヒーローもののお約束を踏襲しつつ、大好きな下ネタもちゃーんと入れて、愛嬌ある登場人物たちが動き回る作品は、やっぱり“梶尾さん”な作品です。
連作形式の作品で全6篇入っているのですが、その合間にある横山えいじさんのマンガがまた楽しい。(単なる小説のパロディ漫画ですが…)
やっぱり梶尾さんの作品には横山えいじさんの挿絵が必要不可欠です。
おバカSFを読んでみたい、という方にはお薦めの作品です。

2006.05.12

サイドシニヨン

またまた買ってしまいました、デザートクリップ(by COMPLEX BIZ)。
今日は今までと違うショップを覗いてみました。
というのも、品揃えが絶対ショップによって違うに違いない、と思ったからです。
今日は私にCOMPLEX BIZを教えたFちゃんと一緒。

デザートクリップによるヘアアレンジやっぱり結婚披露宴ようにはもう少し派手なのが欲しいなぁ、と思い、前回のものよりも派手なもの!というコンセプトで選びました。

さんざん迷った挙げ句、選んだのはイエローベースのパール使いのデザートクリップと、パールのコーム。
なんだかんだ言ってやっぱりパールは華やかなんですね。

最初はハーフスティックとデザートクリップをお揃いで選んで、ハーフスティックでホールドが甘い部分をクリップで補助するようにしようかなぁ、と思ってたのですが、合わせる洋服と合う色のクリップとスティックのセットがなくて、色々組み合わせを考えた末に、無難にクリップとコームにしてしまいました。

写真はシニヨンをサイドに作って、デザートクリップで留めただけのアレンジです。
やっぱり左側はコームで押さえています。
髪の量が少ないのでクリップ1つできっちり留められちゃうのが便利なんだかつまらないんだか…。
シニヨンの毛先を中に入れずに、遊ばせてみました。

パールのコームはパールを使った他のアイテムと万能に合わせられるだろうなぁ、と買ってみました。
スワロフスキーを使ったタイプよりお値段お手頃♪

ハーフスティックは次回チャレンジしようと思ってます。
この春の新作のブルー系スティックも可愛かったのですが、もう少し私の洋服の色傾向に合う可愛いのが出たら買おうかな、と。
高いものなので、慎重に選ばなくっちゃね。

今日はついでにスタイリングワックスも買ってきてしまった(^^;)。
LUCIDO-Lを愛用していましたが、今回はmod's hairのエアファイバーを買ってみました。
珍しくセット力の高さで選びました。(いつもやツヤ感やうるおい感が優先。)
使い心地はどうかなー。

●本日の洋服●
白前立てレースノースリーブカットソー(IB'02)、ピンク水玉ptプリーツSK(IB'01)、白レースパーカー(IB'05)、白テーラード綿麻ショートコート(IB'02)

2006.05.10

『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』

仕事帰りに映画『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』を見てきました。
原作を読んだのは大学1年生の時だったかな。岩波の少年文庫になったのがきっかけだったと思います。
んがっ、んがっ、殆どストーリーを忘れていました(^^;)。
確か2巻か3巻まで読んでいたと思うのですが、これは最初から読み直そうと決意。

さて、映画。
さすがCGがきれいで、アスランは想像どおりの格好良さ(*^^*)。
当然のごとく字幕版で見た訳ですが、途中ピーター役のウィリアム・モーズリー君の「I can't !」の発音で「お!イギリス英語だ」と気付き、サイトを見て確認したらキャストは皆イギリス人なんですね。
さすがだ〜。そうでなくっちゃ。
発音に気付く前でも「うーん、いかにも皆アングロサクソン系の顔立ちだなぁ」と思っていたのですが、アメリカ人でもアングロサクソン系の人は多いだろうし、そういう人を選んだのかなぁ、と思っていたのです。
細かいことですがイギリス舞台の作品はイギリス人でまとめて欲しいですもんね。

ストーリーは面白かったですよ。映像もきれいだったし。
原作を忘れてしまっているので、どれだけ忠実だったかが不明ですが…(^^;)。
アスランがリアル〜。
第2章以降を早めに公開して欲しいものです。

●本日の洋服●
オフ白レース使い七分袖カットソー(IB'04)、ブルーグレー・すずらんブーケptフレアSK(IB'95)、生成りスプリングコート

2006.05.09

オオモノ出現!

今年もオオモノの季節がやってきました。

ハーボットイベント去年は確かサンボンと一緒に出かけてしまって、オオモノが見られなかったんですよね。
参考:去年のオオモノ出現
今年こそはピートはオオモノを見られるのでしょうか?
でも、こんなことを言い出す始末…。

ハーボットイベント ハーボットイベント
オオモノを待ってる筈なのに、ピートは眠くなって寝てしまいます。
ちなみに、自分が寝たら起こして、と都合のいいことを言います。

ハーボットイベント ハーボットイベント
するとオオモノが現れました。
意地悪なオーナーである(^^;)私は、ピートを起こしませんでした。

ハーボットイベント ハーボットイベント
わははっ、しょげてる、しょげてる♪

ハーボットイベント ハーボットイベント
「来たのに起こしてくれなかった」と怒るか泣くかするかなー、なんて思ったのですが、単純なピートはオオモノが来たという事実だけで嬉しいようです。
愛いヤツ(^^)。

●本日の洋服●
焦げ茶フランスレース使い綿ローンBL(KI'05)、モカ色カメリア水玉リボンpt・AラインSK(IB'01)、モカ色カメリアコサージュ(IB'01)、生成りフランスレース襟付きテーラードJK(IB'04)

2006.05.08

オリエンタルブーケ

オリエンタルブーケプリントノースリーブブラウス(黒)オークションで大物(?)ゲット。
2004年の春フェアプリントであるオリエンタルブーケプリントの黒地の上下セットです。
私がプロパーで買ったのはベージュ。この時、黒とベージュで迷った末ベージュにしたのですが、後からやっぱり黒も素敵だなー、と思ってたんですね。
オークションで出たら買おうかなぁ、と思っていたのですが、できればデザイン違いのスカートであるかぶせ段々スカートが出品されれば…と期待してました。が、なかなか出品されず★
手持ちのベージュの上下セットと色違いではありますが、気に入って買っただけのデザインですので、使い勝手は良いんですよね。
で、思い切って入札しました。

オリエンタルブーケプリントAラインスカート(黒)新品だと言うことでちょっと高めでしたが、セット価格ですし、サイズもSなので良いかな、と。

スカートは写真だとタイトなAラインスカートに見えますが、フレア気味のAラインスカートです。
これと同じものです。
ベージュだと白の桜の花柄がはっきりしないので、黒地のプリントとかなり印象が変わります。

実は黒地のプリントって殆ど白の花柄(くちなし、百合、山茶花、すずらん、カメリア)なので、赤系の花柄プリントを持っておきたかったんです。
黒に白の花って印象が似通ってしまう気がして、素敵なプリントがあっても黒を避けてしまったりもしていたので。
この春は生成りも買っていますが、意外と黒も買っているので☆
やっぱり黒ってコーディネートが楽なんですよねー。ベージュや茶色みたいに色が微妙に違うということがないので、実際に合わせてみると何か変、ということがなくて。
去年買った黒のレースケープとかも合わせてみたいなー(^^)。

●本日の洋服●
マリン柄編み込みガーンジーニット(A.O. by Atsuki Onishi)、茶ジョッパーズパンツ(ユニクロ)

2006.05.05

デザートクリップ

COMPLEX BIZで初めてデザートクリップを買いました♪
以前買ったのはシンプルクリップでしたからね。
再来週に従兄の結婚披露宴があるので、ヘアアレンジ用に欲しかったのです。

ヘアアレンジ迷った末に買ったのはピンク系のビーズで花のモチーフを作ったデザートクリップです。
今日COMPLEX BIZで教えてもらったアレンジを自宅で試してみました。
ちょっとサイドでアップにするアレンジです。ハーフアップでも可愛いですし、写真のように上下で二つのシニヨンを作って、デザートクリップで留めてもOK。(左側コームで留めてます。)
緩〜いアップにしてみたいんです、と店員さんに伝えたら、後れ毛を少し残してみると良い、ということでした。

結構簡単にできるので、結婚式には美容院の予約をしなくても平気かな?なーんて思ってます。
やっぱりアレンジは練習あるのみですねー。
合わせ鏡が欲しいなぁ…。

デニムジャケット

先日の特招会で購入したデニムジャケットのお直しが上がってきたので、引き取りに行ってきました。
デニムジャケット(黒)2着目のデニムジャケットです。
もう一枚は秋物だったこともあり、総裏地でしたが、今回のジャケットは裏地なし。
Gジャンのように着られるかな、と思っています。Gジャンだとちょっとカジュアルになり過ぎるかなーというコーディネートの際に使いたいと思います。

デザインは大好きなINGEBORG Boutiqueの川上さん♪
シルエットが相変わらずきれいです。襟はこの春流行のテーラードのスタンドタイプ。
袖口にレースが付いているのがポイントですね☆
勿論取り外し可能です。

さて、5月入荷商品。
ギンガムシリーズはスルー。ワタシ的にはギンガムはもうちょっと細かい方が好みなのです。
スカートは突発でティアードがありましたが、断然ティアードの方が可愛いです。

フレンチスリーブのレース段々カットソーはやっぱり可愛い。
買うんだったら白かモカ色ですが、とりあえずもうちょっと考えてからにします。

レースの三点セットシリーズはオーバーブラウスが素敵でした。
店頭に飾ってあった白にちょっとクラクラ〜(^^;)。
試着させていただいたのですが、もうちょっと小さめの方が良いかな、というのが実感。素敵だったんですが、お値段も良いし、これももうちょっと考えます。

さすがに春夏ものは手持ち服が多いので、必要アイテムだけを厳選して買うようにしないと真剣に箪笥に入りきりません。
とりあえず今月はデニムにレースが付いたシャツジャケットが入荷予定なので、それを待たないと、って感じです。

●本日の洋服●
ベージュ・オリエンタルブーケptノースリーブBL(IB'04)、ベージュ・オリエンタルブーケpt・AラインSK(IB'04)、茶ストレッチデニム七分袖シャツ(IB'04)、焦げ茶ベルト(IB'98)、ベージュ・オリエンタルブーケコサージュ(IB'04)

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

Instagram

Flickr

  • www.flickr.com

フォト蔵

無料ブログはココログ