« une femme dans un bois〜森の中の女性〜 | トップページ | ハーボットのキリ番 »

2005.09.10

秋のフェア商品ラインナップ

行きつけショップである銀座プランタンの商品ラインナップを覚えている限り報告します。

フェアプリント(フォークロリックフラワープリント)はカタログ掲載のブラウスとマーメイドラインのロングスカート、アシンメトリーひざ丈スカートがありました。
色は、ピンク・ベージュ・グリーン・ブルーかな?(今回のフェアって何色展開?)
スカートは2型ある内のロングスカートの方が人気でした。やっぱり常連さんはロング派なんですね。

レザーシリーズはファー付きのブルゾンタイプとひざ丈スカートがありました。
革は少し薄手のような気がしました。すごく柔らかくて艶感を押さえ気味でしたね。
レザーの色は、黒・焦げ茶・ベージュ・ピンクのみが入荷していたみたいです。ショップでの人気色はピンクみたいです。これはみなさん、定番色は既に持っているから…ということなのでしょうか?(^^;)
ファーの色はピンクのみがベージュで、その他の色はレザーと同色になっていました。ファーの色がピンクだけレザーとの色と違う、という点で可愛さがアップしていた気がします。

コーデュロイシリーズはテーラードジャケットを取っていないようでした。
少なくとも私が初日に行った時間帯でコーデュロイシリーズに興味を持っていた人はゼロ(^^;)。
人気だったのはカタログP2〜3のフリルニット。去年も似たようなのがあった気がするのですが、フリルタイプは人気が不滅なんですねー。

他にはペイズリーウールレースのカットソーカーディガンがありました。カタログP5のインナーに着ているカットソーと同素材のもの。前立てがフリルになっているので、これまた最近のインゲでは定番デザインですよね。
ちょっと心惹かれるアイテムだったのですが、バッグの方が欲しかったので我慢。

とりあえずこんなところでしょうか。

« une femme dans un bois〜森の中の女性〜 | トップページ | ハーボットのキリ番 »

INGEBORG」カテゴリの記事

コメント

始めまして。4月くらいから読ませていただいてます。

8月中はRICCOさんが今月は買い物しない!と書いていたのを励みに私もお買い物をぐっと我慢したりしてました。

で、今回のラムレザーですが、私の担当さんの説明だと普通のお値段控えめの皮コートは皺のある皮に皺を伸ばす薬品(?)をコーティングするので重みと厚みがでてしまうそうなのですが、今回のものには皺の無い皮のみを選んでそのまま作っているので、そのような加工をしない分、薄くて軽くて艶感を押さえ気味に仕上がっているんだそうです。

私は、試着したときの着心地のよさと、上の担当さんのトークに負けてさんざん迷った挙句、・・・購入してしまいました。
フェアでこんなに散財する積もり無かったのに、あぁ~、支払いどうしよう、って感じです。(泣)


kemさん、はじめまして(^^)。

今回のフェアのレザーシリーズ、一度着ると危険のようですね。
プランタンのお客さまも「みなさま、試着されると脱げなくなるんですよー(^^)」と担当さんが言っていました。
私は一瞬スカートを試着しようかと思ったのですが、客注商品が多かったため、なんとか踏み止まって我慢しました。

でも、でも、kemさんのコメントを読むと、やっぱり今回のレザーは良いんだなー、とちょっと欲しくなってしまいます(^^;)。
キケン、キケン×××

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋のフェア商品ラインナップ:

« une femme dans un bois〜森の中の女性〜 | トップページ | ハーボットのキリ番 »

フォト

最近のトラックバック