« ラー・クオの花 | トップページ | 応援感謝セール? »

2005.09.13

『失踪日記』

おたくネタです(^^;)。

知る人ぞ知る漫画家・吾妻ひでおの『失踪日記』を友人のFちゃんから借りました。
『失踪日記』吾妻ひでおいわゆる本人の身の上実話漫画なのですが、吾妻ひでおさんが漫画家業を放って失踪したり、ホームレスしたり、挙げ句はアル中で入院していたなんて知りませんでした。
今は無事更生しているようですが、壮絶な人生を歩んでいらっしゃるんですねー。

私が吾妻ひでおを知ったのは高校生の時かなー。多分、新井素子経由で知りました。(さもありなん…)
多分、別冊SFイズムの『まるまる新井素子』で表紙やら挿絵やら描いていたので知った、という感じだったように思います。(記憶不鮮明)
その他新潮文庫から出版された谷山浩子の歌詞集『ねこの森には帰れない』の挿絵もやっていたような…。

まぁ、マイナーな漫画ファンやSFファンにはある程度認知されていた作家ですが、私は彼の作品を1つも読んだことはなかったりします(^^;)。基本的に絵が好きではない…。
だから初めて読んだ吾妻ひでお作品がこの『失踪日記』な訳です。

うーん、読んだ感想としては、人間極限状態になればなんとか生きて行けるものなのかなー、というのと、アル中は徐々に襲って来る不治の病なので絶対に気を付けよう、というところでしょうか。(ヲイヲイ、それだけの感想かい?)
しかし私は、これを読んで初めて、吾妻ひでおって「少年チャンピオン」が売れる前(=「ガキ刑事」や「マカロニほうれん荘」がヒットする前)から描いていた漫画家だったんだ!と知りました。
古い漫画家さんだったのね…(^^;)。

●本日の洋服●
焦げ茶ホワイトベルモチーフ付き半袖ニット(IB'05)、焦げ茶ホワイトベルpt変則ティアードSK(IB'05)

« ラー・クオの花 | トップページ | 応援感謝セール? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『失踪日記』:

« ラー・クオの花 | トップページ | 応援感謝セール? »

フォト

最近のトラックバック