« 雨の中の観戦 | トップページ | 秋物のカタログ・1 »

2005.06.17

2005秋物内見会

14日から21日までプランタンで秋物内見会が開かれている、というので、久しぶりにインゲボルグへ行ってきました。

展示されていたサンプルは

  • リントンツイードのスーツ(ピンク)
  • フェアプリントのブラウス&スカートとレザージャケット
  • アマレッタのスカート
  • フランスレース遣いGジャンとデニムスカート、綿ローンブラウス
でした。

生地サンプルはツイードと綿ローン2種とアマレッタなど全部で6種類くらいあったかな。
ツイードはリントン社のものだけあってやっぱり素敵。今回のものは春物と違ってラメが効いているツイードです。黒が一番派手だった…。金ラメがしっかり目立つ使い方をしているんですね。色展開は、黒・ピンク・ベージュ・茶のようです。
ツイード生地だけを見るとピンクはかなりベージュっぽい感じの優しいピンク色です。
綿ローン生地は、今回珍しい色としては薄いグレーですかね。生成りもいつものオレンジがかった色ではなくて、薄い寒色系の生成りでした。あとは割といつもの色展開でした。
アマレッタの色展開も去年と殆ど変わらなかったような気がします。

プリントで展示されていたのがフェアプリントのペイズリーとブーケのプリントでしたが、私はあまり好みではない…。ペイズリー柄って昔から避けているんですよねー。96年頃にペイズリー柄が出て、当時の担当さんから薦められましたが、頑として買わなかったもんなー。

今年はフェアが9月なので、プリントの素材はポリエステルシフォンだそうです。
昔は9月のフェアでもウールモスリンを平気で持って来たこともあったのにね(^^;)。

去年の内見会では麦とコスモスプリントに萌え〜って感じだったのですが、今回は特に「これ絶対買う!」というものはなかったです。
でも実際に秋物商品が一斉に店頭に並び始めて試着すると、「良いなー(^^)」と思う商品が多そうです。最近はプリントものよりもデザインで惹かれるのが多いってことかな。

●本日の洋服●
ピンクノースリーブニット(IB'03)、モカ色二重プリーツSK(IB'04)、焦げ茶半袖カーディガン(IB'98)

« 雨の中の観戦 | トップページ | 秋物のカタログ・1 »

INGEBORG Catalog」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005秋物内見会:

« 雨の中の観戦 | トップページ | 秋物のカタログ・1 »

フォト

最近のトラックバック